2009年02月09日

シロコのリビングデビュー♪

2008年11月19日偶然から家猫になったシロコです。
ずっとケージの中で暮らしています。
ケージで暮らしている理由があります。

一つ目

シロコは他の猫たちとうまくなじめるか心配でした。
庭猫の中でもうまくなじめる相手は娘のデベソと母親のクロマルコだけでした。
シロコを庭猫時代にいじめたシロトラも家の中にはいます。
シロコやデベソをいじめるので、家の中に入れたシロトラです。
いきなり同じリビングに入れるのをためらわれました。

二つ目

猫とうまくいかないからといって人間と密な関係にあるかというと
そうではありません。
恋のシーズンだけは触らせましたが、それ以外はお目当てのチーズをもらう時だけしかそばにやってきません。

三つ目

シロコの耳に黒い部分があります。時々かきむしって血が出ています。
耳ダニのせいだと思って、きれいにしてから自由にしてやろうと思いました。
1月5日に獣医さんに連れて行きました。
触れるのも捕まえられるのもケージのなかだからこそです。

四つ目

シロコの1月5日の診察の結果、扁平上皮癌が疑われました。
耳の細胞検査の専門医の診断の結果は、
「非常に高い確率で扁平上皮癌が疑われる」と言う結果でした
感染症も伴っていると言うことで、薬を飲まさなくてはなりません
また、場合によっては獣医さんに連れて行く必要も出てきました

ケージに入れておくために、四つも理由がありますが、もし、癌であるのなら、自由に、せめて家の中でも自由にしてやりたいと思いました。

数日前から、餌や水の取替え時、猫トイレの掃除の時など、ケージの戸をあけておくことをしました。

今日、水入れを洗ってもっていくと、シロコがケージにいませんでした。

ガレージからシロコとデベソと思われる声がしました。
普段ガレージにいることが多い、シロトラがリビングに小走りに入ってきました。

もしかして、ガレージに閉じこもっちゃうんだろうか。。。。
この寒い時にガレージから出てこなくなったらそれはそれで心配だ。。。

などと思っていたら、猫たちがガレージとリビングの間の猫扉に向かっています。

刺激しないように、デジカメも出さず、じっと、様子をうかがっていると。。。

シロコはそぉっと這うようにしてリビングに入ってきて、さらに匍匐前進をするようにしてケージの入り口まで戻り、自分でケージに入っていきました。

siroko090209-1.jpg

ケージに戻ってきたシロコです。

siroko090209-2.jpg

戸が開いていますが、もう出てみようとしませんでした。

siroko090209-3.jpg

戸を閉めてしばらくしたら、また、ケージの戸の近くまで来て覗いている
シロコです。

今日はねぇ、クロちゃんの命日なんだよ。
シロコは知っててリビングデビューをしたの?
クロにはね、真っ白の兄弟がいたんだよ。
まさかと思うけど、血縁関係はないの?

な〜んて、思っているカンコロでした(^^)

ニックネーム カンコロ at 23:33| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

庭猫コトラ

クロマルコ・シロコ・デベソが家に入り、
今では庭猫はコトラだけになってしまった
健康状態もいいらしく、家からあまり遠くはなれることもなく
日に何度かやってくるコトラ

庭で相棒が草むしりをしていると必ずやってきて相棒にじゃれている
今日もやってきて、

kotora090208-1.jpg

相棒の膝に乗せてもらって長い間収まっているコトラ

kotora090208-2.jpg

相棒なら、こんなことをしても

kotora090208-3.jpg

すぐ、相棒の足元に擦り寄ってくるコトラ

他の猫たちとの関係が悪いので、家に入れるとトラブルの種になりそうで
いまだ庭猫のままです。

ご近所猫トラちゃんの最後の子供で、トラキチと同じ時の兄弟です
家には姉のシロトラがいます。

ニックネーム カンコロ at 23:46| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

デベソの血尿

1月13日に猫トイレで長くしゃがんでいるデベソ

血尿がでたようで、Phコントロールの治療餌に切り替えました

抗生物質を飲ませました。

おかげで血尿はみられません。

でも、注意しなければいけませんね。

ニックネーム カンコロ at 22:09| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

ビビちゃん三度肛門嚢炎?

2005年4月2日と2008年9月21日に肛門嚢炎になったビビ

気がつかなかったのですが、また、なったようです

1月10日に相棒が気がついたのですが、

bibi090112-2.jpg

すでに膿が出た後のようです

もう少し大きくしてますが苦手な人はごらんにならないようにね

bibi090112-1.jpg
ニックネーム カンコロ at 00:41| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

家猫になっているクロマルコ

2008年12月12日金曜日
昼休みに家に帰ると、声がでなくなっているクロマルコを玄関で見つけました。
以前、声が出ないまま行方不明になってしまった、コマルちゃんのことが頭をよぎり、強引に家に入れました。

しばらくは家の中の出口に通じる場所をカリカリし続け、網戸はよじ登り、敷物は噛み切りぼろぼろに・・・・

仕方なく、ケージ暮らしのシロコに預かってもらった時のものです

kuromaru081215-1.jpg

kuromaru081215-2.jpg

声がでないので、それほどうるさくありませんが、本人は凄い勢いで

『だして〜!!!!』を叫んでいます。

シロコはビビッてケージの端で小さくなっています。

しかし、やっぱりカンコロ家の家猫になったクロマルコです

kuromaru081224-1.jpg

こーんなこともされたりなんかして〜
ニックネーム カンコロ at 00:12| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

シロコ保護するっ!!

2008年11月19日夕方
シロコを保護しましたっ!!

今日は今年一番の木枯らしが吹き、寒い寒い一日でした。
夕方家に帰ると、クロマルコとシロコが走ってやってきました。
カリカリを玄関前に出してやり、カンコロは車に積んである荷物を
家の中に入れていました。
灯油も買ってきていましたので、何度も玄関を出入りしました。
用心深いシロコはカンコロが出入りするごとに、餌を食べるのをやめて
少し離れていました。
玄関の戸は開けたままにしていました。
玄関回りは物でいっぱいになり、足の踏み場もなくなりそうでした。
でも、シロコやクロマルコはお約束のチーズが欲しいと言うので、
冷蔵庫から取り出し、玄関入り口から少し入り込んだリビングの戸の前で
チーズをちぎって手で与えていました。
クロマルコもシロコも平気で上がってきて、食べていました。
その時、冷たい風が吹き、玄関の戸がぱ〜た〜ん〜と閉まりました。
クロマルコは飛び出していったのですが、チーズに夢中になっていた
シロコは玄関の中に取り残されました。

しばらく考えたのですが、この寒空です。家の暖かさを知れば出て行くとは
言わないかもしれないと、そのまま玄関においておくことにしました。
餌と、水と、トイレと猫ベットをもってきて玄関に並べました。
しかし、落ち着かないシロコはアルミの扉を登ろうとして何度か落ちました。
落ち着かせようと後ろから撫でるとおとなしく。いや、固まってしまいました。

そこで、ちょっとかわいそうだったのですが、首筋をぐっとつかんで、
リビングのケージの中に入れました。
おとなしくしていました。

2001年2月6日避妊手術の為にコマルやデベソと一緒に入ったケージに
おさまったシロコでした。

sirokonatyagon081119-1.jpg

トラキチとナッチャとゴンタロウがすぐに様子を見にきました。
シロコは鳴いています。

sirokonachatorakiti081119-1.jpg

ナッチャがそぉっと手をケージに入れて触ろうとします
シロコ無視して鳴き続けています。

sirokonachatorakiti081119-2.jpg

と、いきなりナッチャが猫パンチ!!
トラキチが、隣で「何するねん!」と驚いています。
肝心のシロコは猫トイレで固まっています。

この事件でナッチャとはガレージに強制収容されました。

娘のデベソがそばにきたらきっと落ち着くと思うのに。

sirokomini081119-1.jpg

ナッチャがいなくなると、今度はこのケージは自分のものと思っている
ミニ尻尾が威嚇に来ました。
初めてカンコロ家に入った時、ミニ尻尾はこのケージに少しの間いたのと
このトイレを愛用しているので、そこによそ者が来たと怒っています。

この事件で、ミニ尻尾もガレージに強制収容されました。

sirokodebeso081119-1.jpg

ようやくデベソがお母さんのそばにやってきました!!
ケージの前で、尻尾をピンとさせてぷるぷるぷるといつも外でも
二匹が出会ったときにするポーズをとりました!!

が、最近はトラキチと一緒に寝ているので、トラキチのそばにいってしまいました。

と、言うことで、トラキチもガレージに強制収容

もちろん、外にいた頃から天敵だったシロトラもガレージです。
この寒い中、可愛そうですが、シロトラ・トラキチ・ナッチャはガレージに。
ミニ尻尾は二階に移動させてリビングにはビビ・ミケ・ゴンタロウと
デベソをおいて、それとエラバリもおいて、一晩様子を見ることにしました。

しばらくはケージで生活をして、一日も早くカンコロの家に慣れてもらいたいです。

ニックネーム カンコロ at 23:48| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

懐かしいキュッタロウ

2001年2月28日の写真がありました。

キュッタロウです♪

kyu010228-1.jpg

ふっくらしているキュッタロウです。
まだ、7歳位の時です。

カメラが嫌いで、デジカメの起動音でどこかにいっちゃうような子です。
それでも撮影しようとすると目つき悪くうつるキュッタロウでした。
この写真は思いがけずおとなしく撮影させたので、こましにうつっています。

さて、笑えるものも・・・

kyu010228-2.jpg

これもキュッタロウです

kyu010228-3.jpg

これもキュッタロウです。

そして、すべて同じ日に撮影されました。

ここまで太ってもらいたいと思いませんが、もう少しふっくらして欲しい
今のキュッタロウです♪
ニックネーム カンコロ at 23:53| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

シロコが来た♪

その日は小雨降る寒い日
そんな中でもシロコはやってくる
カンコロの家のある団地の別の場所から歩いてやってくる
もともとは、カンコロの家の庭で生まれ育ったのに、他の猫たちに
追い出されて、いつの間にやら、坂を下りて、道を隔てて
帰っていくようになってしまった
それでも、毎日のように玄関先に来る。
庭には大嫌いなコトラがいるので、ほとんど入ってこない。
玄関先でカンコロや相棒が玄関近くに来る気配を感じると
鳴いて知らせる。
カンコロは餌を持って、チーズをもって玄関に出て行き、
シロコが食べ終わるまで、みてやるのが日課。
見ていてやらないと、他の猫がシロコの餌を食べるから。
家の中には子供のデベソがいるので、捕まえられるのなら、捕まえて
家に入れてやりたいのだけど、手の届くところにこない。
なので、蚤取りの薬もつけてやれずに、耳がダニにかじられて形が変わっている
左耳の先が黒くなっている

siroko081005-1.jpg

玄関の床に玄関前に相棒が咲かせたコスモスが写っている

siroko081005-2.jpg

siroko081005-3.jpg

1999年春生まれなので、もう9歳なのに、体が小さいから子猫みたい。
母親はクロマルコ、子供はデベソ、血縁は皆黒い色の猫なのに、シロコは白猫

siroko081005-4.jpg

目が汚れているのも気になるのに、拭いてもやれないのが残念


ニックネーム カンコロ at 23:18| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

家猫になったミニ尻尾

2008年6月15日朝
カンコロの家にはじめて現れたミニ尻尾

警察に拾得物として6月20日届出した
拾得者の物件引き取りが3ヵ月後の9月21日となっている

そう、今日、ミニ尻尾はカンコロ家の猫になったと言うことになる

正式には警察に拾得者の物件引き取りの受領確認に署名捺印して
届けてこなくてはならないが、手続きは平日にしかしてくれないので
週明けの手続きになる

mini080921-1.jpg

ミニ尻尾記念撮影
3.5キロだった体重も4.7キロになり毛並みのずいぶんと整った
家の中で一番よく食べ、一番いっぱいウンチをする
おしっこも大量である(高齢のためか)
結構機嫌よく毎日を過ごしてくれていると思う
普段の呼び方はミニ尻尾を縮めてミニチーと呼んでいる

mini080921-2.jpg

警察も警察預かりの拾得物はマメに引き取りに来るように連絡が来るが
生き物は拾得者預かりなので、連絡も来ないなぁ〜

迷子猫の張り紙をしていただいた獣医さんで、張り紙をはずしてもらうように
お願いしてきました。

ニックネーム カンコロ at 23:31| Comment(10) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビちゃん再び肛門膿瘍?

9月19日午前2時ごろの真夜中に一階のリビングから猫の叫び声が聞えた
相棒が降りていってみたものは!!
リビングのフローリングに点々と落ちている血痕
あわてて、一匹づつ触って点検をしたところ
ビビのお尻の肛門の左下あたりに穴が開いていた
2005年4月2日にも同じ場所を化膿して血膿がいっぱい出
「肛門膿瘍」とドリトル先生に診断されたことがありました

ビビに抗生物質を飲ませて、イソジン液で消毒してやりました
前回はなめて傷口を広げたようでしたが、今回は・・・・
太りすぎで傷口に口が届かない様子。なのでオシメはやめています
あのときでも4.3キロあって太りすぎといわれたのに〜

お見苦しいですが・・・bibi080919-1.jpg



ニックネーム カンコロ at 23:04| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

なっちゃん改めナッチャ

獣医さんで避妊手術後、診察に行ったとき。
名前は決まりましたか?といわれ、とりあえず「なっちゃん」と呼んでます。
と、言ったところ、薬袋に「ナッチャ」と書かれてあった。
この獣医さん、トラキチのときも薬袋に「ノラキチ」と書かれてあり、
次回診察に行ったときに
「以前、ノラキチと書いてある子です。本当はトラキチです。」と訂正してもらった。
今回も訂正してもらってもいいのだけど、ちゃんがついているということは、名前は「なっ」になってしまって、ちょっと言いにくい。かな?
相棒も「ゾッチャ」という名前があるくらいだから(漫画だけど)
「ナッチャ」も良いんじゃないかというので、

『ナッチャ』と、なりました。変なところで、家猫になったナッチャ。

はじめて見かけたのは2006年6月。
近所で見かけた猫ということで、日記に残っていた。
その後出産後のような体型で歩いていることがあった。
2007年やはり6月に画像が残っている。
2008年4月から家の近くで見るようになり、いつの間にか玄関前に居ついてしまった。

2008年5月27日避妊手術

ナッチャの過去の記事

2006年6月21日

2007年6月 2日

2007年6月 3日

2008年4月11日

2008年4月27日

2008年5月27日

2008年6月14日

最近のナッチャは家の中にも慣れ、お外お外といわなくなりました。
最初の頃していた窓拭きもしなくなりました。ちょっとつまらん〜
ガレージの使っていない猫トイレに新聞紙を引き込み寝ています。
かわいそうなので、布を入れてやると満足げに寝ています。

たまにリビングに落ちているマタタビの実を転がして派手に遊び
家の中のほかの猫たちの顰蹙を買っていますが、そこそこ上手に
家猫たちとの付き合いもしています。

相変わらずきれい好きで起きているときは体を舐めて身づくろいをしています。
人間に甘えて甘えてこれだけは変わりません。かわいい♪

2008年6月22日のナッチャの画像

nacha080622-1.jpg

ストロボなしにするとブレブレなのでストロボをたきました

nacha080622-3.jpg

あんまりナッチャらしくないけど

nacha080622-2.jpg

これが一番ナッチャらしいのですが。。。

動かないでね〜首を絞めているような画像だ〜


ニックネーム カンコロ at 23:45| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

謎猫なっちゃん、避妊手術をする

朝、玄関前にいた謎猫なっちゃんを捕まえて、獣医さんに行きました。
大人しくキャリーバックに入った謎猫なっちゃんですが、車の中で興奮状態。
獣医さんについたときには、もしかして、危険かも。状態。
獣医さんも野良猫の場合は洗濯ネットに入れておかないと、飛び出したら大変だと、準備を始められる。

まだ、出しちゃ駄目ですよ。駄目ですよ。駄目ですよ〜

でも、指先でちょっと撫でてやると、すりすりし始めたので、出してやるといつもの謎猫なっちゃんで、獣医さんにまですりすり愛想よし。

体重は3.7キロ。立派な体格です。年齢はわからないそうでした。
獣医さんに診察してもらいましたが、避妊手術をしているかどうかはわからないとのこと。
右足の付け根に気になる痕がありますが、避妊手術はしてないだろうということで、預けて帰りました。

夕方、お迎えに行きました。

nazoneko080527-1.jpg

麻酔がまだ覚めきってなくて、ぼーっとしています。

結果はやはりまだ避妊手術はしてなくて、排卵受精したところだということでした。
猫の場合は交尾排卵で、卵巣に赤いぽっちがあるのがそうだとか。
切除した卵巣を見せていただきました。

大丈夫な方はこちらをご覧ください

3つくらい赤いぽっちがありました。
うん。回数は合うな(^^;;

さて、獣医さんのお話では大きな怪我をしたことがありますか?
ということでした。

手術する時に仰向けにして手足を広げるのだそうですが、右後ろ足だけが伸びないのだそうです。
足の付け根に毛のはげたところがあるし、足先の爪も引っ込みません。

交通事故くらいの大きな怪我をしたことがあるようでした。

下の前歯が犬歯も含めて全部ないのもそのせいかもしれません。

なんだか、いろんな猫生を生きてきたんだなぁと思うと不憫に思いました。
避妊手術をしたからには暖かい寝床と、飢えることのない生活を保障してやらねば。

里親を探すことにします。

どなたか、里親になってくださる方がありましたらご連絡お待ちしています。


ニックネーム カンコロ at 00:48| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

エラバリ猫ずぅ〜っと家猫状態

カンコロと相棒が一泊二日でお出かけのあいだ、一階のリビングで他の家猫達と過ごしたエラバリ猫。

コレといったトラブルがあった様子もなく

era080419-1.jpg

リビングに落ちていたエラバリ猫

era080419-2.jpg

お股の辺りの毛が薄いのは、ストレスの現われだろうか
舐めすぎて毛がなくなってパンツをはいたようだ

era080419-3.jpg

相棒が手を出すとその手に頭をくっつけてすぐに眠りに落ち

era080419-4.jpg

猫に見えないその寝姿

era080419-5.jpg

たまには相棒の手をおもちゃにして遊ぶ。

でもね、このところ、二回、相棒はエラバリにおしっこをかけられていた。
何か言いたいことは、ありそうです(笑)
ニックネーム カンコロ at 01:21| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

お誕生日おめでとう♪

1997年3月28日早朝

bibifamily.jpg

ビビがコタツの中で6匹の仔猫を産みました。
初めての経験で、どうなることかと思いましたが、その後、

bibifamily.jpg

隣の徳島市であった譲渡会でミケミケがもらわれていきました。

bibifamily.jpg カタル

bibifamily.jpg タリア

bibifamily.jpg レスカ

カタル・タリア・レスカは福井県敦賀市にもらわれていき

bibifamily.jpg

もらわれなかったゴンタロウとミケが今も母猫ビビと暮らしています

タリア・ミケミケ・カタル・レスカ・ミケ・ゴンタロウ(赤ちゃんの写真左から)

お誕生日おめでとう♪

そして、この日はぽーちゃんときぃちゃんのママのお誕生日でもあります。

かわいいぽーちゃんとやんちゃなきぃちゃんの写真がいっぱいの
ブログはこちらから
ニックネーム カンコロ at 23:22| Comment(8) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ビビ獣医さんに行く 猫風邪の流行?

bibigon080322-1.jpg

これは3月22日、ビビとゴンタロウが寝ている姿です。

3月半ば頃からビビの餌を食べる様子がちょっと変。
缶詰を与えると食べにくそうにしていました。
にぎやかなビビがちょっと大人しい。
気になりつつ、そのまま
この22日頃から本当に寝てばかりいて、23日にはいつも引っ付いて寝ているミケやゴンタロウと別に一匹で寝ていました。

bibi080324-1.jpg

一人で寝ているビビ

そして、24日。声が出ていませんでした。

しゃっくりのようなこともします。

ガスガスと咳のようにも聞こえるようなこともします。

口をぺちゃぺちゃします

今日、午前中に獣医さんにつれて行ってきました。

血液検査の結果です

GLU血糖         148 mg/dl
BUN尿酸窒素       23.0 mg/dl   
TBIL総ビリルビン    0.1mg/dl   
TP総たんぱく質      8.0g /dl   
ALBアルブミン      2.1g /dl   
GOT/ALS        30 u /l   
GPT/ALT        33 u /l
ALP           54 u /l
Naナトリウム       149 mEq/l
Kカリウム         3.3mEq/l   
Clクロール        121 mEq/l
赤血球           852万
WBC 白血球数     9300 /ul 
Ht            44
Hb ヘモグロビン濃度   14.8 g/dl

エイズと白血病はありません

若干の脱水の様子が血液検査に出ていますが、大きな数値の変化は
無いそうです。

熱も無いし、お腹も壊している様子は無いそうです。
餌の食べ方がおかしいので、口の中も見てもらいましたが、
若干、左奥歯の内側が赤くなっているが、食べられないほどでもなさそう。

ただ、気管支に若干の喘鳴が聞こえるということと、声が出ないということで、気管支炎ではないかということでした。
しかし、一番ひどい時は過ぎて熱も引いている様子とのこと。

脱水を改善するために点滴に抗生物質とビタミン剤を入れていただきました。
明日からは経口投与で抗生物質を与えます。

年齢的に見て、カンコロが心配する腎臓へのリスクが無いわけではないだろうが、今のところは大丈夫でしょう。ということでした。

獣医さんから昼に帰ってきてから、ビビは昼間は寝ているようでしたが、夜には歩き回って、出ない声ですが、口を見ているとよく鳴いているようでした。
このまま元気になってくれたらいいのに。

それと、ミケの声もかすれています。
体は普通に動いているので、今回、連れて行きませんでしたが、
猫風邪が流行っているのかしら。。。。

ニックネーム カンコロ at 22:48| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

庭猫コマルちゃん

komaru070913-001.jpg

komaru070913-002.jpg

庭猫コマルちゃんが2007年9月13日に来たときの画像です。
この後の画像がありません。

コマルはクロマルコが2000年5月連休中に産んだ子猫の一匹でした。
兄弟のオサルは2002年5月30日に病死、シンイチローはその前後にどこかに行ってしまいました。
女の子のコマルは2001年2月はじめに母のクロマルコと姉のシロコと姪っ子のデベソと一緒避妊手術をしました。
避妊手術をしてからも、愛想よしで、なつっこい子で、遊んで〜とやってきました。
木登りの上手なすばしっこい子でした。

そのコマルが10月からふっと来なくなりました。

庭猫といえども、ずっと庭にいるわけでなく、行動範囲も広い庭猫達。
時々は1週間ほど来ないこともありましたが、こんなに何ヶ月も来ないことは初めてです。
無事を祈っています。

来なくなる1ヶ月ほど前のこと、1週間ほど来なかった後に来たときですが、声がかすれていたことがありました。
風邪で臥せっていたのでしょうか。
それともこれは楽観的な推測ですが、どこかの飼い猫になったのか。

コマルも家猫にしようと何度か、家の中に入れたのですが、出して欲しいと騒いで、いつの間にか抜け出て庭にいました。

クロマルコも外に出るために鳴き叫んで声がかれることがあるので、もしかしたら、どこかのお宅に入れてもらって、しばらく鳴いていたせいで声がかすれてやってきたのかも。。。

それなら、もしかしたら、今はどこかの家の中でぬくぬく家猫をしているのかも。

だといいのに。。。

ニックネーム カンコロ at 23:08| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなことが出来るゴンタロウ♪

カンコロ家のやんちゃ猫ゴンタロウ。
猫トイレを掃除していたら、後ろから走ってきてとび蹴りをし、
風呂上りには湯気のでる足に噛み付き、休みの日に家に居ると散歩に連れて行けとうるさいうるさいゴンタロウ。
餌は離乳してから、ずっとカリカリはサイエンスダイエットライトしか食べず、餌がないと、暴れるし。
偏食でとうもろこしが大好きで、うっかり置いたりしたら勝手に食べてしまう。
妙に綺麗好きで、他の猫が使ったトイレは中の猫砂を全部かきだす勢い。
猫トイレの掃除のあとは一番に使わないときがすまない。
掃除している後ろで待ってます。

でもねぇ〜可愛いんですよぉ〜

gon071224-001.jpg

gon071224-002.jpg

gon071224-003.jpg

gon071224-004.jpg


こんなことをさせてくれるのはカンコロ家ではゴンタロウだけです。
ニックネーム カンコロ at 23:07| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウ

kyu070404-001.jpg

2007年4月4日のキュッタロウです。

kyu070607-001.jpg

こちらは6月7日のキュッタロウ。

まだ2007年の前半は体もふっくらしていて、顔つきも穏やかです。
カンコロ家の自慢の猫だったのに。
口内炎で食事が出来なくなって細く細くなってしまいました。
そして、痛いのかいつも顔つきが険しくなってしまいました。

kyukurokiti071118-001.jpg

それでも、ほかのトラキチやクロが甘えてきたら、一緒に寝ていた頃の
11月18日のキュッタロウです。

獣医さんでも効果覿面という治療法方がなく、ステロイド剤の投与になります。
食事が出来ていないので、栄養補給の点滴をされるのが、小心者のキュッタロウには辛い治療でした。

ミキサーでペースト状にした餌を与えたり、工夫をしましたが、カリカリはもう食べられず、どんどんとやせていくキュッタロウでした。

インターネットである獣医さんが「ジスロマック(成分名アジスロマイシン)」の処方をされていたので、かかりつけの獣医さんで出してもらいました。
ジスロマック250mg錠剤一錠を12分包にして、3日に一回経口投与。

さらに、多くの方がアドバイスをしてくださったり、実際にお薬を送ってくださいました。

おかげで少し食事が出来るようになりました。

今では、相棒の膝の上でなら、猫缶80gくらいは一度に食べるようになりました。

今年大晦日を迎えることが出来るのは応援してくださった皆さんのおかげと感謝しています。
ありがとうございました(^^)
ニックネーム カンコロ at 23:07| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エラバリ猫

6月20日頃からちらちらとカンコロの庭で見かけ始めた猫。
数年前からよく似た柄のエラバリ猫は見ていた。
同じ猫かどうかわからないけど、この6月20日頃に出没し始めた猫は
エラバリ猫として、庭に居ついてしまった。

顎が立派でエラが張っているように見えるので、
『エラバリ』猫と呼びました。

erabari071231-1.jpg

去勢していない猫は、顎が発達し、このように立派なお顔になります。
カンコロ家でも大人になってから家猫にしたトラキチは顔が横に楕円形でした。
ところが、去勢手術をしてから、徐々に顎が細くなりました。
今では単なる丸顔。という感じです。
きっと猫のエラいや、顎はオス猫ホルモンの固まりなのでしょう。

10月ごろには体調を崩して庭の端で臥せっていました。
なんとなく、追い出せないような雰囲気になり、結局餌も提供し
寝床も提供することになりました。

erabarinedoko071231-1.jpg

12月になって、寒くて可哀想に思った相棒が寝床を作り

erabari071220-1.jpg

あえて、ぐりぐりしてやりました。
相棒には無防備に触らせるエラバリ猫。

erabari071220-2.jpg

ぐりぐりぐり〜♪

erabari071220-3.jpg

こ〜んな顔で甘えるようになりました。

erabari071229-1.jpg

せっかく寝床を作ってもらったんだから、寝床にいればいいのに、
リビングに人がいると、ガラス越しにじぃっと見ているエラバリ猫。
そんなエラバリに相棒は、雨やヒョウが降るときにはパラソルを立てかけてやっていました。
エラバリ猫の視線の先には相棒が。。。

erabari071231-1.jpg

カンコロ家の敷居はまだ高いだろう?
12月31日のエラバリ猫です。

この先のことはまた、来年。
ニックネーム カンコロ at 23:07| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コトラ

kotora071124-001.jpg

コトラです。
相棒になでてもらっています。

kotora071124-002.jpg

相棒にぐりぐりしてもらっています。
こんなに慣れているんですけど、猫同士の関係がへたくそなので、
他の庭猫達ともうまくやっていけそうにありません。

シロコはコトラを見たら走って逃げるし、逆にクロ長毛猫や
エラバリ猫には追いかけられています。
今年は庭にエラバリ猫が居付いているので、暮らしにくそうです。
コトラはトラキチの妹なのですが、家の中と外で別々に暮らして
長いせいか、今年トラキチが庭に出たときは喧嘩しそうな気配でした。

ニックネーム カンコロ at 23:06| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする