2015年05月13日

ビビの最後

相棒からビビの最後の様子を受け取りました。

***************

今日、仕事を終えて急いで家に帰りました。
午後5時頃でしたが、ビビは寝ていましたが、
そっとのぞくと少し顔をあげてこちらを見ました。
この時はまだ意識はしっかりしていたようです。
少し水を飲ませてやりました。

午後7時過ぎに様子を見ると頭を上げてこちらを見る元気もありません。
水を飲まそうとしましたが、口の横からこぼれるだけで、
喉を通らないようでした。意識も次第になくなってきたようです。

午後7時30分、手足が小さく痙攣し始めました。
意識はまったく無いようです。呼吸がゆるくなり、
10秒に1回ほど、大きく深呼吸をするような息をしていました。

その呼吸の間隔も次第に長くなり、午後8時丁度、呼吸が止まりました。

安らかに眠るような顔で旅立っていきました。

庭に咲いていたマーガレットとゼラニウムで体を飾ってやりました。
明日、葬儀屋さんに来てもらい、荼毘に付してやりたいと思います。

bibi20150513-1.jpg

*******************

二十歳を過ぎた老猫でしたが、最後まで無邪気な子猫のような性格でした。

1月には風邪をひいたようにくしゃみや鼻水を垂らして獣医さんに行きました。

その後も、何かにつけて食欲がなくなっていました。

相棒が週に何度か獣医さんに点滴をしに連れて行って、

二階で一緒に過ごしてくれました。

寝る時は相棒の肩の所で、毎晩寝ていたそうです。

長い間、一緒にいてくれました。

ありがとうビビちゃん。

タグ:ビビ
ニックネーム カンコロ at 21:49| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

クロマルコお星さまになる

2014年11月14日21時41分
クロマルコはお星さまになりました。

2007年頃から歯垢・歯石がたまり、お口が臭かったのですが、
2010年4月2日に左上の歯石ががちがちに固まって、
歯周ポケットに食い込んでいたため麻酔をしてお掃除をしてもらいました。
その後も2年に一度お掃除をしてもらいました。
しかし、歯周炎がひどくなり、また、高齢になるにつれ尿量が多くなっていました。
4キロ近くあった体重も減り続けて、先週相棒が獣医さんに連れて行った時には2キロを切っていたと言います。
歯周病で食べられないことと、腎臓が弱って尿量が増えたことで、水ばかり飲んでいました。
食べられる餌をさがしまわって、しばらくはイナバのチュールを喜んで食べていました。
10月まで月に一度獣医さんに点滴とステロイドの注射をしてもらっていましたが、
11月に点滴をしてもらってから一週間と持たず先週の土曜日にも点滴をしてもらったところでした。
大好きだったチュールも食べず、食べそうな餌を買って来ては与えたそうですが、一日100グラムも食べられないことがあり、今日は朝からは何も食べなかったようです。

最後にトイレに立ち上がろうとした時には腰がたたず、その場で失禁しましたが、そのすぐ後から、痙攣が始まり、あっという間の最後だったのだそうです。
大好きな相棒に看取られました。


1999年2月から4月にかけて家の周りにやってきた
真っ黒でまん丸の顔にまぁるい体のクロマルコ。
野良のようで、人に懐きませんでした。
その後、3度妊娠出産をしました。
子育てのため徐々に人間に慣れたところを捕獲し、
2001年2月10日避妊手術をしました。
その後も長く庭猫暮らしをしていましたが、
2008年12月12日風邪をひいて声が出なくなっていたため強引に
家猫にしました。
猫同士の付き合いが悪く、たとえ娘のシロコでも、孫のデベソでも
同じベッドに寝ることはありませんでした。
そのため、家猫になってから、キュッタロウが亡くなった後は
一匹で二階暮らしという贅沢をしていました。

はっきりした生年月日はわかりませんが、家の近所で見かけた時には
既に子猫がいましたから、16歳以上であることは確かです。
相棒が好きで、相棒が二階にいる時はいつも相棒の膝に乗っていました。

2009年3月16日クロマルコ

2009年3月16日のクロマルコ
この写真が一番クロマルコらしい一枚です。

マルちゃん、虹の橋ではこどものシロ子たち孫たちが一杯待っているよ。

2011年2月31日クロマルコ

マルちゃん、テレビが好きでした。



タグ:クロマルコ
ニックネーム カンコロ at 00:36| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

シロトラがお星さまになりました

2013年12月25日12時56分
シロトラはお星さまになりました。

1998年8月末、当時庭に来ていたトラちゃんが生んだメス猫です。
人間が嫌いで人になつかない猫でしたが、キュッタロウが大好きで家に入ってきた子です。
家出をしてお腹が大きくなった状態でまた、家に舞い戻ってきましたが、その時に
2004年4月21日避妊手術をして、完全家猫になりました。
その後も何度か家出を繰り返しましたが、ようやく家の中に定着しました。
2013年5月には獣医さんに連れていくこともできるくらい人になついていました。
そのシロトラが、食事をしなくなってしまったと、相棒から連絡があり、相棒が獣医さんに連れて行ってくれました。
体重が1.8キロになっていたそうです。
その後も獣医さんで点滴をしてもらいましたが、体重が戻ることなくお星さまになりました。

相棒からのメッセージです


残念なお知らせがあります。今日、シロトラが亡くなりました。今日は朝の9時から会議があったので8時40分ころ家を出ました。そのときにはシロトラとミニチが同じネコベットで寝ていました。大丈夫だろうと思い、そのまま仕事に行きました。午前中に2つの会議をこなし、12時過ぎに家に帰りました。この時にはシロトラだけがベットにいました。見てみると様子がおかしいのです。もう立ち上がる元気もなくぐったりしていました。息はしていましたが、体もやや冷たくなりかけていました。シロトラが大好きだったサンルームにベットごと運んで、日向ぼっこをさせてやりました。また口にぬるま湯を入れてやりましたが、ほとんど飲み込むこともできない状態です。傍にいて体を拭いたりしてやったりしていると、呼吸がだんだん浅くなり、大きなため息のような息をすると呼吸が止まり、心臓の脈動も小さくなり止りました。12時56分、旅立ちました。
私が家に帰ってくるのを待っていたかのようでした。最後を見取ってやれて良かったと思います。その後、ペット葬儀社に電話をしましたが、今日と明日の午前中は一杯で、明日の午後からは空いているというので、明日の午後に火葬をお願いしました。午後からまた仕事に行き午後6時に戻ってきました。シロトラは長く病院に通うことなく、比較的短い間に衰弱してしまったので、あまり飼い主に手間をかけることの無い猫でした。カンコロが中国に行ってから8匹が6匹になってしまいました。みんな元気で和美の帰国を待つはずでしたが、残念です。

今日26日の午後1時半、いつもお願いしているペット葬祭が来ました。ウチノ海そばの空き地でシロトラを火葬にしました。16歳という年齢の割にはしっかりしている骨だと葬祭社の人は言っていました。骨上げをした後、先に旅立った猫たちの骨を置いている棚にシロトラの骨壷も加わりました。骨上げで残った灰は集めて家に持ち帰りました。庭に撒いてやろうと思いましたが、今日は朝から一日中雨が降っていましたので、明日の朝にに撒いてやります。シロトラの写真を入れるために写真立てを買ってきましたが、いい写真が見つかりません。早くいい写真を探して骨壷の前に立ててやります。

2013年8月のシロトラ

2013年8月のシロトラ

2013年7月のシロトラ

2013年7月のシロトラ

2013
年7月のシロトラ

箱や小さい入れ物が好きだったシロトラ

2013年3月のシロトラ

ちょっと置いてある箱に入ってくつろいでいた

2012年10月のシロトラ

引き戸を開けるのが得意だったシロトラ。夜の間に戸を開けて玄関マットの上にいた。
いるはずのない所にいて驚かされる猫だった。

2010年のゴンタロウとシロトラ

今年5月に亡くなったゴンタロウとシロトラ。2010年まだどちらも肥満ネコだった。






タグ:シロトラ
ニックネーム カンコロ at 16:57| Comment(7) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

エラバーの事

エラバーの事

鼻炎があって獣医さんの所で月に一度抗生物質の注射をしてもらっていたエラバー。
口内炎もひどくなってきたので、9月になってからは相棒が週に一度獣医さんに連れて行って注射をしてもらっていました。
しかし、食べる量は減るし、動かず、部屋の隅でじっとうずくまっているばかりだったそうです。
9月の最後の数日はまったく食べていなかったとか。

10月2日に庭で水遣りをしようとした相棒に、庭に出たいとついてきたエラバー。
久しぶりに庭に出してやったそうです。
ビビと一緒に家の前の道を座ってみていたので、裏庭の水を遣って戻ってみたら、ビビはいましたが、エラバーはいなかったそうです。

ずっと、草むらや茂みを探して探して探した相棒ですが、見つけられなかったそうです。
この数日雨が降り、もし、草むらでうずくまっていたら。。。

大好きな相棒に世話を掛けたくなかったのでしょう。
静かに、一人(一匹)で逝ってしまったのでしょうか。

era20130429-1.jpg

2013年4月29日のエラバー

era20130414-2.jpg

2013年4月14日のエラバー

era20130414-1.jpg

同じく、4月14日のエラバー

2006年頃から定期的にカンコロ家の近所に出没していたエラバー
すでに、立派な顎をしていて体も大きかったエラバーでした。
その頃は、エラが張っているようなので、エラバリ猫と呼んでいました。
2007年には、かなりの頻度で庭に現れていたエラバリ猫
2008年のお正月には自分から部屋に入ってきていたエラバリ猫
去勢手術もしていないのに、おとなしくしていたエラバリ猫。
7年以上のお付き合いだったけれど、年齢はもっと上だと思う。
何処から来たのかわからないけれど、ふらっとあらわれて、また、ふらっと
どこかに行ってしまったエラバーでした。

タグ:エラバー
ニックネーム カンコロ at 00:00| Comment(12) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

ゴンちゃん

連休中の強風で庭の花が揺れて散ってしまったり傷んでしまいましたが、
それでも今の季節、御花がたくさんありました。
ゴンちゃんに白いお花をたくさん入れてやりました。

gon20130501-1.jpg

たくさんお花を入れてあげるね。

花を摘んでいたら、ご近所のチビちゃんのママが通りかかって、お悔やみを言ってくださいました。
一緒にゴンちゃんを見送ってくれました。

ペット葬祭ひかりさんが午後1時に来てくれるので、それまで、一緒に泣いてくれました。
よかったね、ゴンちゃん。

午後1時荼毘に付されたゴンちゃん

gon20130501-2.jpg

庭のお花と、チビちゃんのママに頂いたお線香だよ。

遺影を決めなくちゃいけないんだけど、枚数はきっとどの子より多いと思うけど、
きれいなお顔のものがなくて。
まだ用意ができなくてごめんね。


タグ:ゴンタロウ
ニックネーム カンコロ at 00:20| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

ゴンタロウの最後

4月29日も一日一緒にいたゴンタロウ
夜も昼も箱猫状態で苦しいのか、時々大きな声で鳴きました。
それでも、強制給仕が効いたのか、立ち上がって移動もできました。
水が流れる音を聞くと鳴きました。
風呂場に入って冷たい所で箱猫するので、戸を閉めると戸の前で箱猫していました。
マットを敷いてその上においてやっても時々、移動して冷たい所に箱猫していました。
相棒が庭にいると、出たそうにしていました。勝手口まで移動していることもありました。
もう、口周りを湿らせるくらいしか、してやれることはありませんでした。

30日はほとんど動かず、さりとて、横にもなれず毛布や座布団で体を支えるように、うつむいても口がふさがらないようにしてやることくらいしかできませんでした。
夜の11時過ぎに大きな声で鳴いて立ち上がろうとするので、トイレに連れていきましたが、もう、しゃがむ力はありませんでした。
しばらく、体を支えてやりましたが、辛そうなので、ペットシートの上に横にしてやると少ししてから排尿がありました。
最後の排尿でした。
その時も少し体が突っ張るようなしぐさをしたのですが、意識はあるようでした。

5月1日午前0時を過ぎたころから、体を痙攣させることがありました。
0時10分、鳴きながら体を動かしたので、抱き上げてみました。
体をつっぱるようなしぐさをするので、体をさすってやりました。
しばらくさすっていましたが、瞳孔が開いてくるのがわかりました。
膝に乗せ、抱いていました。意識がなくなったようです。
それから、30分後、何度かしゃくりあげるようなしぐさを繰り返し、
0時50分にゴンタロウはお星さまになりました。

手足や耳は冷たくなっていましたが、体は暖かかったです。
ビビの寝ている猫ベッドに入れてやりました。

gonbibi20130501-1.jpg

ビビがなめてやっていました。
しばらくして、いつものように寝始めたビビ

gonbibi20130501-2.jpg

いつもの光景のようです。
でも、この母子二匹一緒の写真はこれが最後です。

ビビが残ってしまいました。

タグ:ゴンタロウ
ニックネーム カンコロ at 23:46| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

ゴンタロウお星さまになる

2013年5月1日午前0時50分

ゴンタロウはお星さまになりました。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。



1997年3月28日ビビから生まれました

当時、ペット禁止の団地住まいでしたが、ビビがお泊りに来て、
こたつの中で生んだ子猫の一匹でした。

bibifamily.jpg

人懐っこくて、カンコロの大好きなゴンタロウでした。
左目にウィルス性の炎症があって、いつも涙目でしたが
それ以外に病気もせず、元気な子でした。
ごんたで、やんちゃだったので、二階のベランダの手すりから落ちたり、
今の家の庭のフェンスから落ちたりしていましたが、大きなけがも
ありませんでした。
食べ物は離乳時からカリカリはヒルズのサイエンスダイエットだけしか
食べませんでした。

gon020516.jpg

ウエットは何でも食べました。
好きなものはトウモロコシ。毎年、トウモロコシの季節には
一緒に食べるのが楽しみだったね。

gon-1.jpg

gon-2.jpg

gon-3.jpg

タグ:ゴンタロウ
ニックネーム カンコロ at 01:18| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

家出中のデベソ 7月12日

2000年5月12日生まれのデベソはお腹を触るとデベソだったので
デベソと名前がついています。
お母さんは庭猫だったシロコ。おばあさんはご近所猫だったクロマルコ。
扁平上皮癌にかかったシロコは2010年11月7日にお星さまになったので、
今、家の中にはクロマルコとデベソがいます。

人間になついているわけではないので、膝にのったり、撫でたり、触ったり、
もちろん、爪切りもできません。
その割に、家の中が気に入って、出ていく様子もなかったのですが、
今年になってから、どうも、口の中の調子が悪いようで、餌を食べる時に
とても痛そうなしぐさをします。

捕まえられるのなら、獣医さんに診察に連れて行けるのですが、なかなか、、、
難しいです。

debeso120712-4.jpg

庭にゴンタロウを出してやると、このようについていきます。
家にいる猫のみんなと仲良しのデベソです。猫関係がいいのに人には難しデベソ。

debeso120712-3.jpg

お外のデベソを見るのは本当に久しぶりです。

debeso120712-2.jpg

やっぱり庭の椅子の下がお気に入りの場所の様です。
庭猫時代と同じだね。

そして、庭猫時代と同じことを。。。

debeso120712-1.jpg

トカゲをくわえているデベソ。
しばらく帰ってこなくていいわ!!

それはとにかく、やっぱり口が痛いようです。
庭猫時代はちゃんと食べていたのに、しばらくしてみると庭に置いてありました。
タグ:デベソ
ニックネーム カンコロ at 00:41| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

クロマルコの獣医さん通い

2月にお口の中を掃除してもらったクロマルコでしたが、またもやお顔がにおいます。
それどころか、食事は少なく、食べると痛そうです。
食べている途中で飛び上がるようにして部屋の隅に行き、痛そうにしています。
食べ物を怖がるようになり、抱えてやらないと柔らかい食べ物でも食べられませんでした。
先週末からはあくびをしてもギャッと飛び上がり、部屋の隅でうずくまるようになりました。
土日とほとんど食べなくなったので、獣医さんに連れて行くべく、日曜からケージ暮らしをしています。

そして、今日、M獣医さんで診ていただきました。
カンコロも見ましたが、右の上に腫れあがった歯茎がすぐ見えました。
左側の上の歯茎も腫れています。

体重は2.8キロになっていました。

獣医さんからこれではもう食べられないだろうから、無理に食べさせずしばらく点滴と注射に通うように言われました。
食べていないので、脱水気味です。

痛みどめにステロイドの注射をされて、抗生物質の注射もされて、補液で皮下点滴されて、診察台の上で固まっていたクロマルコでした。

ステロイド剤は副作用に食欲を催します。
そのせいか、かえってきてからパウチを一袋食べました。

kuromaru120325-1.jpg

トラキチがいたケージに入ってもらいました。

kuromaru120325-2.jpg

結構、面白いことをしてくれます。

しばらくはここで様子をみさせてもらいます。
獣医さんに行くのに行方不明にならないように。

食べられない子の面倒はつらいです。
痛いところのある子はつらいです。
でも、仕方ないです。

クロマルコも頑張ってなおしてね。
タグ:クロマルコ
ニックネーム カンコロ at 22:13| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

クロマルコ、歯のお手入れに行く♪

二階に贅沢にも一匹で過ごしているクロマルコ。
後から家猫になったにもかかわらず、タイミングよく、キュッタロウと入れ替わるようにして二階でカンコロと寝ています。

そのクロマルコ、最近、めったやたらに臭い!
もともとお尻が臭い子だったのですが、顔も臭い〜

その臭いクロマルコが寝ている場所とは・・・カンコロの頭の上。
まぁ、寒いから暖かくていいのですが、涎も出るので、朝は髪の毛が
すごいことになっています。

25日にM獣医さんに連れて行ってきました。
体重は3.1キロでした。前回、2010年4月は3.9キロだったので
痩せていました。少し脱水も起こしているそうでした。

2010年の4月にも顔が臭くなってM獣医さんに見ていただいたところ、
歯垢がたまりすぎて歯肉炎を起こしていました。
麻酔をしてお掃除をしてもらって、その後はまずまずだったのですが、
このところ、カリカリを食べなくなり、パウチばかり食べていました。
カリカリを食べず、柔らかいものを食べるとますます歯垢がたまるのだそうです。
今回は事前に電話を入れて、午前中に連れて行き、夜間診の時間帯に引き取りに
行きました。
丁寧にお掃除してもらえたかしら。。

カンコロに嫌なことをされたからか、カンコロが起きている間は近寄らなかった
クロマルコです。
布団に入ると、どこからかやってきて、いつものように胸を踏みつけ、顔を踏みつけ、
頭の上に乗りました。

ん・・?!!匂わないぞ!!
顔はにおいません。
獣医さんから帰ってきてから、ガレージにこもっていたので、ガレージのホコリ臭さはありましたが、口の匂いはなくなっていました。

このまま、カリカリを食べてくれればいいのですが、やっぱりまだ、パウチなど柔らかいものを要求します。

ウェットのほうが水分が多いと思いますが、カリカリをしっかり食べて、
水をしっかり飲む方が脱水は起こしにくいのだそうです。
理想は、歯石や歯垢のたまらないような大き目で固いカリカリがいいのだそうですが。。。
一度痛い目をしたクロマルコはカリカリを食べようとしません。

kuromaru090720-01.jpg

2009年7月20日のクロマルコ。

タグ:クロマルコ
ニックネーム カンコロ at 21:48| Comment(0) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

珍しくデベソが・・・

人になつくこともありませんが、出ていくこともなく、撫でさせることもありませんが、ひっかいたり、かみついたりすることもなく。もちろん、威嚇もしません。
これといった要求もしないし、イタズラもしない黒い猫様、

デベソ

庭猫から家猫になってから、一度も家出せず、戸が開いていても出ていきもせず。
家の中で母だからといってシロコにまつわりつくこともなく、祖母だからといってクロマルコにまつわりつくこともありません。
かといって、仲が悪いわけでもありません。
他の猫たちと上手に付き合い、いじめられることもなければ、いじめることもない。
猫のお手本のようなデベソです。

そんなデベソが、バレンタインのお手製のお菓子に反応していました。

debe120215-1.jpg

珍しく、袋の中身をチェックしています。

debe120215-2.jpg

頭を袋の中に突っ込んでいます。
もしかして、このまま何かやらかすんじゃないかというカンコロの期待は
デジカメ構えてじぃっと待つこの姿にどれほど大きく表れているか!!

が、この後、カンコロに一瞥をくれて猫ベットに行ってしまいました。
ちょっと残念でした。。。。
優等生すぎても写真があまりないんですよね。

タグ:デベソ
ニックネーム カンコロ at 21:44| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

トラキチ安らかにね

5日にトラキチがお星さまになってからも、朝になると、無意識にトラキチのいた
ケージに行き、猫トイレを掃除しようとするカンコロ。
なかなか、トラキチの死を受け入れられません。

ケージも片づける気になれなかったのですが、原因がわからない状態なので
用心のために、9日月曜日に除菌洗剤で洗いました。
寝ていた猫ベットは処分しました。

どうしたんだろうね、トラキチ。
まだ、カンコロにはわからないよ。

痩せていないし、毛並みもよく、顔も汚れていないトラキチでした。
気になる点は、少し浮腫があったのかもしれません。
それなら、腎臓が悪かったのか?でも、腎臓が機能しなくなった時独特の匂いはありません。
腹水がたまっているのでしょうか。それなら、腹膜炎でしょうか。

torakiti120105-1.jpg

相棒が庭にあった花を入れてくれました。

ペット葬祭さんが、たまたま、市内にいたので、今までで、最速で荼毘にふしてやりました。
それが、よかったのか、わるかったのか。
あっという間にお骨になってかえってきました。

torakiti120105-2.jpg

まだ、実感のわかないトラキチの遺影。
他の子たちのように、食べられないとか、飲めないという最後ではなかったので
食べ物をお供えするのを忘れていました。

torakiti120105-3.jpg

この数年、予防餌ばかりで、かわいそうだったかなぁ。
気を遣ってウェットは少しだけ、与えていました。
他のも食べたかったのかなぁ。

トラキチ、もっと、何かさせてほしかったよ。
タグ:トラキチ
ニックネーム カンコロ at 00:45| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

信じられないトラキチの最後

2012年1月5日午前9時5分
トラキチは唐突にお星さまになりました。

朝9時ごろ唸り声とも聞こえる大きな鳴き声がしました。
トラキチのケージからなので覗きに行き「ご飯がないね〜」とエサ入れに餌を足して見ていると様子が変です
視線が定まらず、頭が揺れるのですが、体は動きません。口は少し開いて舌がみえています。胸とお腹のあたりが上下していますが瞳孔が開いています。
体を触ってみましたがいつもと変わらぬ良い毛皮の手触りです、が、肉球がじっとり汗をかいて熱くなっています
瞳孔が開いたまま、胸の上下が無くなってきたので、あわてて相棒を起こしに行きました
相棒がすぐに降りてきてくれましたが、トラキチの呼吸は止まっていました。
朝9時5分でした。
いったい何があったのか、どうなったのか、揺すっても、抱き上げても、何をしてもトラキチはだらんとしたまま、呼吸もしていません
昨日はそういえば、大人しかったような気がする。でも、一昨日はいつもより多めの餌も食べて元気すぎるほどケージの中で上下していました
今朝のケージの猫トイレにはいつも通りのウンチもありました
尿が少し、色が濃いような気がします。でも、血尿でもありません

何が?どうして?

昼の12時になっても、まだ、寝ているようなトラキチ
身体は柔らかくて、ふにゅふにゅした感じはいつも通り
でも、呼吸も動悸もありません。死後の排尿がありました
相棒がいつものペット葬祭に電話してくれました。
幸か不幸か市内にいたので1時間ほどできてくれました。
大きな雄猫だったのにお骨は骨がスカスカになった状態でつまもうとしたら、ボロボロになってしまいました。
どうしたんだろう、トラキチ。
シロコやミケやシロ長毛猫たちが亡くなった時、長い苦しみの長患いをせずに、コロンと逝けたらいいのに。と、思ったから、トラキチはコロンと逝ってしまったのでしょうか

まだ信じられません



2001年5月18日ご近所猫トラちゃんから生まれたトラキチです。
2002年12月28日から家猫になり、
2003年1月去勢手術をしました
膀胱炎や血尿が出たり、おしっこが詰まったりと泌尿器系の病気をすることが
多かったので、
2009年9月23日からケージ暮らしをして、尿の観察と、Phコントロールの食事療法を始めました。
尿検査が正常値に戻ってからは予防餌のみで、生活をしていました。

2011年12月24日、ケージから脱走した後、相棒の膝で甘えているところを撮影しました。
お正月用の画像です。逆光だったので、また、取り直そうと思っていた画像が遺影になってしまいました。

torakiti111224-1.jpg

torakiti111224-2.jpg

torakiti111224-3.jpg

torakiti111224-4.jpg

torakiti111224-5.jpg

torakiti111224-6.jpg

torakiti111224-7.jpg

トラキチのプロフィール記事はこちらから

トラキチ

トラキチのケージ暮らし

タグ:トラキチ
ニックネーム カンコロ at 22:58| Comment(8) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

荼毘に付されたシロ長毛猫

2011年8月14日からケージで暮らし、家の中で亡くなったシロ長毛猫ですが、
長く外で暮らしていました。
亡くなってからの待遇を迷いました。庭のどこかに土葬をしてやる方がいいのか
しかし、相棒の言うとおり、家猫のように骨壺に入れて、家に置いておくことにしました。
外の生活は長かったですが、カンコロ家に自分から入ってきたシロ長さん。
相棒に撫でてもらうのが大好きだったシロ長さん。
噛みつきもひっかきもしなかったシロ長さん。
家の中では、誰ともケンカしなかったシロ長さん。
キュッタロウの最後の近い日にも、同じベットで寝てくれていたシロ長毛猫なので、
業者さんに来てもらうことにしました。

sirotyo111023-12.jpg

白くて、毛のふっさり豪華な毛皮で、青い目と金色の目を持ったオッドアイの
シロ長毛猫。
庭の花を敷き詰めてやりました。

sirotyo111023-11.jpg

夏の毛のまま、冬の毛が生えてこなくて、さびしい白い毛皮をお花で覆ってやりました。

22日の午後3時にペット葬祭「ひかり」が来てくれて荼毘に付してくれました。

sirotyo111023-13.jpg

ペット葬祭さんにもらったお花と、シロ長毛猫。

代々のカンコロ家の猫たちと同じ場所にいます。

昨年のシロコから続けて3回目お世話になっているペット葬祭「ひかり」さんも電話一本で家の前まできてもらえるようになりました。
今回は、あっという間の事だったので、お金の用意もなく、焦りましたが、
今年のカンコロの誕生日に相棒にもらったお金が使わないまま置いてあったので
そのお金を使いました。
たくさんもらって、何に使おうかと思っている間に使い損ねていたお金。
何もしてやれなかったシロ長さんに使えてよかったです。

もう、痛くないし、気持ち悪くないし、苦しくないね。

ニックネーム カンコロ at 23:32| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シロ長毛猫の最後の日

2011年10月22日土曜日午後9時50分

シロ長毛猫はお星さまになりました。

2010年はじめごろから左耳の先に扁平上皮癌ができ、かさぶたをひっかいては出血を繰り返していました。
エイズ検査では陽性だったので、長くはないと思っていましたが、扁平上皮癌が見つかってからも随分と頑張っていました。
今年になってから、体も細くなり始めました。
しかし、まだ、4キロ以上もあり、食事もできていました。
悪いなりにももう少し、このままかと思った10月21日、朝はいつもよりたくさん食べ、昼もよく眠っていました。
ところが、夕方吐いてから、一時間おきに吐くようになりました。

シロ長さん、最後の日の記録です。

sirotyo111022-28.jpg

10月22日夜7時40分のシロ長毛猫さん。
最後の一枚になりました。

やたら長いので・・・

続きを読む
タグ:シロ長毛猫
ニックネーム カンコロ at 23:02| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

どうしたミニチー!!

10月29日土曜日、朝11時、リビングの猫トイレを掃除していると、ミニチーが現れ、強引に猫トイレに入っていきました。
排便のようですが、最後がちょっとゆるい?
砂もかけずに出てきて、今度は吐いています。
お腹でも壊したかと思っていると、肩で息をしています。
一応、排便は検査をするかもしれないので、とっておこうとナイロン袋に入れました。
太っているので、ちょっと動いただけでも息が切れるのかと思って猫トイレを掃除し、別の部屋の猫トイレの掃除に向かって、もう一度リビングに戻ると、
ミニチーが口を開けて息をして涎を垂らしているではありませんか!!


またまた、長くなるので・・


続きを読む
タグ:ミニチ―
ニックネーム カンコロ at 00:33| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

シロトラのケージ暮らし

シロ長毛猫がお星さまになって空いた三段ケージを半日かかって洗いました。
あんまり熱心に洗ったので、指の指紋がなくなってしまいました。

その、三段ケージの次なる住民は、シロトラです。
口の周りが汚れているので、今年3月にK獣医さんで診察してもらった時には口腔内は歯垢がたまり、歯石となって歯茎が随分と悪い状態でした。でも、体重は3.5キロもあり、様子をみましょう。
ということでしたが、最近、めっきり痩せて小さくなっていたので、観察をするためにもケージに入れる必要がありました。

sirotora111023-1.jpg

殺風景に見えますが、はじめ、猫ベットや、敷物を入れていたのですが、爪を切っていない、いえ、切れないシロトラなので、引っかかって危ないので、最低限の状態です。

sirotora111023-2.jpg

少し窓から離して、カーテンに触れないようにして、置いたつもりでした。
これは、10月23日の午後の写真です。

翌朝、カンコロは、久しぶりにゆっくり眠れるはずでした。

ところが、事故は起こったのです!!

長くなるので、

続きを読む
タグ:シロトラ
ニックネーム カンコロ at 23:51| Comment(4) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

お星さまになったシロ長毛猫

2011年10月22日午後9時50分

シロ長毛猫はお星さまになりました。

もう、痛くないし、痒くないし、気持ち悪くなくなりました。

お疲れ様でした。よく頑張ったね。


タグ:シロ長毛猫
ニックネーム カンコロ at 23:28| Comment(18) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

シロ長毛猫

ご近所猫で、扁平上皮癌を左耳に持っているシロ長毛猫。
癌も随分と進行して、本当に辛そうです。
痒い、痛い、気持ち悪い。と、想像するだけでもいろいろありますが、
痛みには本当につらいらしく、おもらしをしてしまうほどのようです。
ですので、一日に一度は体を拭いてやらねばなりません。
カンコロが手を出すと、シャーフーいうこともありますが、相棒が手を出すと
シャーフーいっていてもおとなしく移動させられます。
これは、10月8日のシロ長毛猫さんです。

sirotyo111008-1.jpg

相棒に拭いてもらって、ブラッシングしてもらって機嫌がよくなっているシロ長さん。
ぐるぐる言いっぱなしです。

sirotyo111008-2.jpg

相棒が拭いていると、シロ長さん、するっと手を抜けて、相棒の膝の上に乗る。
強要しているわけではないのですが、おとなしく乗っています。

sirotyo111008-3.jpg

抱っこしてもらうとうれしそうなシロ長さん。
ブラッシングが大好きなので、カンコロがブラッシングしても、気持ちよくなうと
膝の上に乗ってきます。
本当に外にいた猫なのか?
別にどこかの飼い猫だった情報はないんですが、こんなに人になついていると
飼い猫だったんじゃないのかと思ってしまいます。

sirotyo111008-4.jpg

お目目もオッドアイなんですけど、左の耳の癌化が進んで、あまり左目を大きく
開けられなくなっているシロ長さんです。

タグ:シロ長毛猫
ニックネーム カンコロ at 23:46| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

ケージ暮らしのトラキチ♪

トラキチは尿結石や膀胱炎になりやすい下部尿路にリスクを持った体質です。
そのため、食事療法食の餌が必要です。
そのうえ、おしっこ癖が悪くて、あちこちにマーキングするので、獣医さんに相談したところ、ケージ暮らしをすすめられました。
自由を奪うようでかわいそうだといったところ、

ケージで暮らしても猫は不幸ではない。
むしろ、マーキング癖のある子は、多頭飼いのストレスでそうなっていることがあるので、他の猫たちと接触の少ないケージで生活をしたほうが、本人(本猫)のためになる。

と、言うアドバイスで、ケージで過ごしているトラキチ。
確かに、そう不満もなさそうな。
療養食も他の猫たちに横取りされる心配もなく、確実にトラキチが食べますし。
そのおかげで、このところ、獣医さんに行くことがありません。

では、トラキチのかわいいお写真をば。。。♪

torakiti111002-1.jpg

ケージの戸を開けてやると、覗きこむトラキチ

torakiti111002-2.jpg

首を傾げたりするところがとってもチャーミング♪ ← 猫バカ

torakiti111002-3.jpg

ところが、トラキチって、やっぱり小心者

torakiti111002-4.jpg

デジカメを向けられて、後ずさり始めました

torakiti111002-5.jpg

もう、ケージの外に興味もなさそうな態度になって、

torakiti111002-7.jpg

猫ベットの置いてある三段目を見上げています。

もちろん、この後、一番上の三段目の猫ベットにもぐりこみました。

ご機嫌でかわいい子なんです。トラキチは♪

ちなみに、母猫はトラちゃんで、コトラとは同じ同腹の兄と妹、
シロトラもお姉さんです。

気の強い雌猫たちの間で気弱な雄猫のトラキチです〜

タグ:トラキチ
ニックネーム カンコロ at 01:16| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする