2016年07月17日

デベソのでべそ

庭を子育てに使っていたクロマルコが1999年に生んだ真っ白の猫が

シロコです。そのシロコが

2000年5月12日に生んだ猫が黒猫のデベソでした。

ですから、母子といっても1歳程度しか変わりません。

カンコロ家の庭にクロマルコ一族として、遊びに来ていました。

あまり人になついていませんでしたが、たまに、触るとお腹に

ぷくっとしたふくらみがおへそあたりにありました。

2〜3cmの柔らかいふくらみでした。

避妊手術には連れて行ったのですが、なかなか触れない子でした。

今回、動けなくなって獣医さんに連れて行ったときに、その話をしたところ

獣医さんが

「今、ありませんよ。避妊手術の時に縫合したんじゃないんですか?」

しかし、M獣医さんではそんな手術をしていませんし、昔はちょっと触ったら

やっぱり、出てたような気がします。

ということで、獣医さんがお腹を見てくださいました。

避妊手術の傷の少し上おへそのあたりに3ミリ程度の穴がありました。

人間のヘルニアと同じで、穴が開いて、そこから脂肪などが出るのだそうです。

痩せて、脱水になって、その穴から出るものもなくなったので、

でべそでなくなったようでした。

P1270400.jpg

みんな一緒だねデベソ♪

デベソとシロコ


デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ

デベソとシロコ




タグ:デベソ
ニックネーム カンコロ at 00:15| Comment(0) | 思い出の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。