2016年05月22日

本屋さんの猫

P1250669.jpg

中国浙江省寧波市の観光地の一つに「鼓楼」があります。

昔、時を知らせるための太鼓、もしくは鐘をおいてある中国のどこにでもあるものなんですが、生活の中心ということで、その場所はいつも賑やかな市が出ています。
その場所を集客目的で観光化させた場所です。
数年前から改装工事をしていて、最近リニューアルオープンしたそうです。

食べ物店がずらっと並んでいる一角です。

gulou2016.5.19-5.jpg

ですが、二階部分にはお茶屋さんや旅行会社、それから、今回面白いと思った本屋さんなどがあります。

gulou2016.5.19-16.jpg

入り口には、お土産に使えそうな中国風のしおりなどがあって、つい、目を引かれて
入ってしまいました。

gulou2016.5.19-9.jpg

本だけでなく、茶器などが展示されている風流な本屋さんです
で、その前にあるのは。。。。

gulou2016.5.19-8.jpg

猫のエサ入れと水が。。。しかもおしゃれです♪

どこかにいるはず。。。と、店内を見回すと。。。

gulou2016.5.19-12.jpg

あ、いたいた!!

gulou2016.5.19-13.jpg

驚いた!!触っても大丈夫

gulou2016.5.19-14.jpg

大きな猫ちゃんなので、男の子のようです。

gulou2016.5.19-15.jpg

あ、目を覚ましちゃったかな?
やっぱり男の子でしたが、おとなしい、おっとりした子でした。

あんまりうれしくて、触りたくったので、お礼に一冊本を買うことにしました。

miyage2016.5.19-2.jpg

もちろん、猫の絵の表紙の本です。
中国語なので、読めないと思いますが、思い出にします。
レジで支払いの時に猫の名前を聞いてみたら
「夏天」
中国語で季節の「夏」です。
へたくそな中国語だったので、若いその女の子はどこの人と、聞いてきました。
日本人だと答えると、日本語で「こんにちは、さんじゅうご元です。」
と、言ってくれました。

いい思い出になりました♪


ニックネーム カンコロ at 17:33| Comment(0) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。