2015年11月22日

中国猫の里親探しその5

2015年11月19日

学院の教室に男子学生が子猫「炒飯」を連れてきていました

すでに、全員が知ることとなっていて、子猫同席?で授業開始

その後、昨日の決心を男子学生に伝えました。

彼は、「そんな迷惑はかけられません、今、一生懸命里親を探しています」

という、

どうやら、微信(チャット)を使って探しているようでした。

きっと見つかる。と、皆が思っているようでした。

本当かなぁ〜

日本ではあんなに苦労したのに、そんな1日2日で見つかるんだろうか。。。。

と、思っていたら、

「見つかりました!!」

ほんまかい?!

ほんまやそうです。。。。。信じられへん!!

ちゃんとした飼い主でしょうか

でも、一緒にいる最後の日なので、記念撮影をしました

P1200893.jpg

教室に残っていた学生さんたちと「炒飯」の記念撮影

P1200897.jpg

「炒飯」一匹で撮影

P1200887.jpg

ん?カメラ目線ありがとう〜♪

P1200888.jpg

え!@@

男子学生いわく、カメラが好きなんだそうです

mmexport1448152145176.jpg

名残惜しいけれど、もう、里親さんも見つかったことですし、何も言うことなしです。

そして、夜、寧波市内から車で「炒飯」を引き取りに来た人は

とてもいい人のようだと、男子学生からメールが来ました。

「炒飯」が幸せな猫生を送りますように。

ニックネーム カンコロ at 13:39| Comment(2) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カンコロさんへ。
あぐりさんと一緒に拝見させていただきましたexclamation
あぐりさんが、わたしが里親になったのにって残念がってました。
かわい〜ってにっこりですexclamation
炒飯って名前モ、ピッタリで、白いソックスも
メチャかわいい、幸せになることを、いのってます️
Posted by あぐりさんとお父さん! at 2015年11月23日 16:11
♪あぐりさんとお父さん!見てくださって、ありがとうございます♪

かわいい子猫でした。名前もぴったりでしたか?(笑)
こんなに小さいのに、飼い主がわかるんですね。
初めて抱っこしたら、震えていました。
ピーピー鳴くので、飼い主の男子学生に渡したら
ピタッとなきやんでいました。
それだけに、里親探しはちょっとつらかったのですが。。。
一緒にこの子の幸せを祈っていただけると嬉しいです。
ありがとうございます。


Posted by カンコロ at 2015年11月23日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。