2015年11月05日

ミニチ―お星さまになる2015年11月5日

2008年6月15日朝庭にふらっとやってきて、庭猫たちのエサを
バリバリ食べ始めました。人に良く慣れていて、痩せていましたが、
もとは飼い猫風だったので

2008年6月20日に警察に拾得物として届け出をしました

3か月後の9月21日に届け出に対して問い合わせなしということで、

正式にカンコロのものになりました。(動物はものと同じ扱い)

獣医さんにかなりの高齢猫と言われながらも、たくましく生きて
2015年11月5日お星さまになりました。

相棒がその様子を教えてくれました。

****************************

家に帰ってみるとミニチが亡くなっていました。
家に到着したのは午後2時頃です。
家に帰りすぐに部屋に入ってミニチの様子を見ると、
サンルームの手前で横たわって眠っているようでした。
しかし息もせず心臓も動いていませんでした。
ただ、まだ体はほんのり温かく、体の硬直もあまりありませんでした。
死後30〜40分といったところでしょうか。
死に際を看取ってやることができなくともまだ暖かい体を拭いてやることが
できました。もう少し早く帰ってくることができれば旅立ちを見送って
やることができたのにと思うと少々残念です。
きっと飼い主が帰るまで頑張っていたのだろうなと思うと不憫でなりません。
家に帰り、死後数日経っているようであれば、長い間放置してしまった後悔が残りますが、帰る直前まで生きていたと思うと少し気が楽になります。
ミニチが最後まで頑張ってくれたおかげです。
 すぐにペット葬祭に連絡し午後4時に来て貰うことになりました。
ミニチを箱に入れ庭に咲いていた花、ゼラニュウム、高砂百合、
ハイビスカス、キンギョソウなどを切花にして入れてやりました。
午後5時に骨上げし、先に旅立った仲間のいる棚に骨壷を置いてやりました。
その後、写真立てを買ってきましたので、これからミニチの写りのいい写真を探し、写真立てに入れて骨壷と一緒に置いてやりたいと思います。
 お漏らしするミニチのために部屋中にひいたペットシーツを片付け、
部屋の掃除をしました。部屋を片付けているとミニチのいた痕跡が
一つずつ消えていくようで、寂寞たる思いがします。
目も見えず、鼻も利かず、音もほとんど聞こえない状態で、
それでも何とか生きてきたミニチ。
ようやく安息の時を迎えることができたのではと思います。..

********************************

ミニチーはもともと目が寄った猫でした。
何年くらい前でしょうか、ミニチーの目を見ていると、
目がぐるぐる回っていることがありました。
そのころから、体も同じ方向に回転することがよくありました。
歯も抜けてしまったのか、随分と少なくなっていました。
もともと大きな声でなくミニチ―でしたが、一日に何度も大きな声で
鳴くことが多くなりました。
鼻が詰まったり、鼻水が出たり、目やにが出たりすることがありました。
よだれと、鼻水でミニチーが寝ていたところはべとべとになっていました。
昨年からは身づくろいもしなくなったのか、毛玉がたくさんできていて
7月に帰った時は何度もブラッシングをしてようやくふわふわの毛に
なったところでした。
昨年くらいからまったく目が見えていないようで、部屋の中を頭をぶつけては
方向を変えて歩くようになっていました。

それでも、

たくましく、自分で餌を食べに行き、しっかり食べ
自分で、トイレに行って、いいウンチをしていました。

相棒の話では10月になってから、なかなかトイレを探せなくなり、
間に合わないことが多くなっていたそうです。
そして、先週からけいれんを起こすようになったのだそうです。

突然、ヨロヨロっと立ち上がりぱったり倒れて手足を痙攣させるそうです。
ビビの時もそうでしたが、しばらくしたら落ち着いて、数十分でもとに
戻るようでしたが、その痙攣の起こる頻度が高くなり、元に戻るまでの
時間が長くなってきていたそうです。

いったい何歳で、どんな経歴の持ち主で、カンコロ家にやってきたのか
わかりませんが、7年間、機嫌よく、よく食べ、よく眠り、マイペースで
存在感のあるミニチーでした。

ミニチーのことを大好きだったシロトラが虹の橋の手前で待ってることでしょう。


P1140276-2.jpg


ニックネーム カンコロ at 21:59| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ショックです。 でも幸せな一生だったと思います。お疲れ様でした。
Posted by ぽぴー at 2015年11月07日 18:59
♪ぽぴーさん、ありがとうございます♪

マイペースで過ごしたミニチーでした。
最後まで食事をしていたのは、ミニチーだけかもしれません。
そういう意味では幸せな子だったかもしれません。
いつも、見てくださってありがとうございます。
Posted by カンコロ at 2015年11月08日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。