2015年11月28日

新しい猫ベッド


随分と寒くなってきたので、相棒が新しい猫ベッドを買ってくれました。

20151225-1.jpg

新しい物ってあったかいですよね。

さっそく

debeso20151225-1.jpg

デベソが入っています。

それから、ナッチャも♪

nacha20151225-1.jpg

でも、なんだか、猫ベッドが広々していて、、、、、

今まで、てんこ盛り状態で猫盛盛だったので、寂しそうに見えます。

コトラはいまだに、猫の毛まみれの古い猫ベッドを愛用しているそうです。

たった、3匹なんだから、みんな仲良く一つの猫ベッドに入ればいいのに。

ニックネーム カンコロ at 13:44| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

中国猫の里親探しその5

2015年11月19日

学院の教室に男子学生が子猫「炒飯」を連れてきていました

すでに、全員が知ることとなっていて、子猫同席?で授業開始

その後、昨日の決心を男子学生に伝えました。

彼は、「そんな迷惑はかけられません、今、一生懸命里親を探しています」

という、

どうやら、微信(チャット)を使って探しているようでした。

きっと見つかる。と、皆が思っているようでした。

本当かなぁ〜

日本ではあんなに苦労したのに、そんな1日2日で見つかるんだろうか。。。。

と、思っていたら、

「見つかりました!!」

ほんまかい?!

ほんまやそうです。。。。。信じられへん!!

ちゃんとした飼い主でしょうか

でも、一緒にいる最後の日なので、記念撮影をしました

P1200893.jpg

教室に残っていた学生さんたちと「炒飯」の記念撮影

P1200897.jpg

「炒飯」一匹で撮影

P1200887.jpg

ん?カメラ目線ありがとう〜♪

P1200888.jpg

え!@@

男子学生いわく、カメラが好きなんだそうです

mmexport1448152145176.jpg

名残惜しいけれど、もう、里親さんも見つかったことですし、何も言うことなしです。

そして、夜、寧波市内から車で「炒飯」を引き取りに来た人は

とてもいい人のようだと、男子学生からメールが来ました。

「炒飯」が幸せな猫生を送りますように。

ニックネーム カンコロ at 13:39| Comment(2) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国猫の里親探しその4

2015年11月18日

炒飯の里親探しが本格的に始まる。

学生寮での飼育は限界だと男子学生からメールが来ました。

数日前に、他の同室の学生に聞いたところ、

かわいいが、夜、明け方鳴くので、眠れないという。

そりゃそうだろう。。。

動物は宅急便で送れないから、家にも送れない。

皆でいろいろ考えた末に、送るつもりだ

ということでした。(里親探しをする)という意味だろうと思いますが、

ここで、カンコロ一大決心をする。

不用意に外に出すのなら、アパートの部屋でしばらく預かることにしようかと。

幸い、他に同居者はいないし、寮母さんもいない。

しかし、日本に連れて帰れない。ので、必ず里親探しをお願いすることにして

一時預かりをしようと。。。。

足先が、白い全体がよくわかる画像ですが。。。。

P1200895.jpg

きゃ〜〜!!そろそろ大きくなってきたから、その持ち方はやめて〜(笑)

みんなこの持ち方をするんですが、小さいうちはいいですが、ちょっと大きくなると

苦しそうです。


ニックネーム カンコロ at 13:24| Comment(0) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国猫の里親探しその3


2015年11月10日午後3時ごろ、

コンビニでアルバイトをしている男子学生があわってメールをしてきました。

「大変!!寮のおばさんが子猫を発見しました!!助けてください!!」

・・・・・・・・・・

どうしましょ〜気の小さいカンコロやたらめったうろたえました!

焦っていると、約30分後、再度メールがあって

「寮の同室の学生たちがやってきて、

「嘘だよ〜〜ん」と、いいました。ひどいでしょう!!」

そりゃひどいよね。うんうんわかるわ、その気持ち。

カンコロだってめちゃくちゃ焦ったわ。

この際だから、もしかの時のために、この先、誰が世話をするのか、

家に連れて帰ってもいいのか、親に確認しておくように話したところ、

その準備はあるという。

まぁ、それなら。。。ということで一件落着

P1200929.jpg

P1200943.jpg

P1200944.jpg

P1200948.jpg

P1200923.jpg

女の子の膝の上でくつろぐ炒飯







ニックネーム カンコロ at 13:16| Comment(0) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国猫の里親探しその2

コンビニで見つけられた子猫は獣医さんのところに連れて行ってもらって

見つけた男子学生が、ペット飼育禁止の寮で寮母さんに内緒で

飼うことになりました。

名前は「炒飯」

女の子だそうです。なぜか、男子学生は残念だ。といっていました。

男子学生がコンビニでアルバイトをしている昼間は女子寮で、

男子学生がアルバイトを終わってからは男子学生の寮で一緒に寝るのだそうです

mmexport1448152255802.jpg

mmexport1448152262832.jpg

mmexport1448152273815.jpg

mmexport1448152286393.jpg

この時はまだご対面していませんが、彼らの使っている微信というチャットで

画像をもらいました。

ちなみに、同部屋の他の学生たちは、以前モルモットかハツカネズミを

寮母さんに内緒で飼っていました。

その子はどこに行ったんだろう。。。。。


ニックネーム カンコロ at 13:02| Comment(0) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国猫の里親探しその1

2015年11月2日に住んでいるアパートのある敷地内のコンビニ「十足」で

アルバイトをしている男子学生が見つけた子猫。

その日は土砂降りの雨で子猫はコンビニの中に入ってきたのだそうです。

mmexport1448162428981.jpg

mmexport1448162436650.jpg

mmexport1448162440647.jpg

mmexport1448162444897.jpg

その男子学生が寮に連れて帰ってお世話を始めたそうです。

ニックネーム カンコロ at 12:47| Comment(0) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寧波市ベイルンご近所の猫

2013年8月末から浙江省寧波市ベイルンにいますが、

アパートの近くで時々見かける猫様。

IMG_20151109_155901.jpg

同じような画像が続きますが。。。

IMG_20151109_155911.jpg

隣のアパート前によくいます。

IMG_20151109_155917.jpg

少しでも近づくとさっと逃げてしまいます

IMG_20151109_155919.jpg

よく似た子猫を連れていることもあります

IMG_20151109_155925.jpg

この子が、カンコロのアパートの前からカンコロの方を見ていました。

P1200955.jpg

トイレの窓から見えた猫様。

じっとこちらを見上げているように見えます。

が、窓を開けると、やっぱりさっと去って行ってしまいました。


ニックネーム カンコロ at 12:09| Comment(0) | 中国の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コトラの顔の腫れはなおりました

2015年11月12日から腫れていたコトラの顔ですが、

抗生物質が効いたようで、腫れが引きました。

めったに薬を飲まない、いや、獣医にさえかからないコトラなので、

抗生物質が劇的に効いたようです。

獣医さんで口を開けようとしたらものすごい抵抗をしたコトラですが

家に帰って口に薬をいれようと相棒が口を開けると素直に口を開けて

簡単に、実に簡単に抗生物質の錠剤を呑んでいるそうです

調子が悪かったころは、相棒が外から帰っても猫ベッドでうずくまっていたの

ですが、今では元通り、相棒が帰ってきたらリビングの戸の前で待っていて

相棒の後をついて回っているのだそうです。

食事の用意の時にはお手伝いし = キッチンカウンターに乗り

食事の時は食卓を共にし = テーブルに乗り

新聞を読むときにはともに読み = 新聞の上に乗り

まぁ、世話女房よろしく相棒のお世話をしているようです

よくなってよかったよかった〜

タグ:コトラ
ニックネーム カンコロ at 11:42| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

コトラの顔が腫れました

もう10日ほど前からコトラに元気がなく、時々目やにを出しているという。

毛並みはつやがなくなり、痩せてきたということで心配していましたが。

2015年11月12日朝のコトラ

kotora2015.11.12-2.jpg

あれあれあれ?!お顔が。。。

kotora2015.11.12-3.jpg

すごく腫れている!!!!!!!

kotora2015.11.12-1.jpg

そうそう、左側の目が見えなくらい腫れあがっています。
前回目やにが出ていたのも左目だそうです。

慌てて、M獣医さんに連れて行ったところ、目はきれいだが、この腫れ具合は。。。

どうやら、歯の奥が腫れて膿がたまっているようだという。

それで、口の中から悪い部分を切開して、膿を出すつもりだったのですが、

大の男が二人でも口を開けることができなかったそうです。

抗生物質の注射と薬で少し様子を見て、それでも腫れが引かない場合は麻酔をして

腫れている部分の切開をしましょう。ということになりました。

病院から帰ってからはガレージに走りこんだきりのコトラ

kotora2015.11.12-4.jpg

恨めし気にガレージとリビングの間の猫扉からリビングをのぞいている

その後、抗生物質が効いたのか、少し腫れが引いているそうです。

そういえば、コトラの兄のトラキチも一度目の上が盛り上がるほど腫れて

M獣医さんで切開をして膿を出してもらいました。

おとなしく切開してもらえばすぐに治るのに。。。。

コトラは健康で医者知らずだったので、M獣医さんにカルテがありませんでした。

が、避妊手術はM獣医さんで受けたので、その時はまだ、外にいたので、

無名ののらちゃんでしてもらったのかな。。。。?

それとも、トラキチもM獣医さんでは、トラキチではなくて、

ノラキチという名前でカルテをつくられていました。

ですので、獣医さん聞き間違えたのかもしれません(笑)

獣医さんにつれて来ることがないということはある意味幸せな子です。



タグ:コトラ
ニックネーム カンコロ at 01:37| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

ミニチーの遺影

相棒がミニチーの遺影を飾ってくれました。

相棒の膝で待ったりするミニチーの写真です。


P1140286-2.jpg

葬儀店にもらったお花も飾ってくれています。

P1140293-2.jpg

遺影がいっぱいになってしまいました。

今、家にいるのは、デベソ、コトラ、ナッチャの3匹だけになりました。

寂しいですね。


ニックネーム カンコロ at 17:50| Comment(10) | 思い出の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

ミニチーのこと

ミニチーのこと、
2008年6月15日、庭にふらっとやってきて、家にいついて以来、機嫌よく過ごしていました。
ここ数年は、目、鼻、歯、不快だったとは思いますが、基本的な食事と排泄は
最後の最後まで自分でしてました。
マイペースで自分から誰にもくっつきにいかなかったけれど、くっついてきたからと
いって、邪険にもせず。
でも、しつこい相手にはフーッ!!と、怒っていましたが。
ブラッシングをしてやると気持ちよさそうに首を長くしていたミニチ―
気が向いたらそばにいる相手をなめまくることもありました。

昨年から毛づくろいもしないボロボロの毛並みや、よだれや鼻水でぐちゅぐちゅの顔。
行きたいところになかなか行きつけない普段の行動など。年齢を感じることも多くありました。
少し、生活圏を区切ってトイレや餌水などに行きやすいようにしてやりました。
ほんの10cm程度の仕切りをしてやるだけで、それから先に進まないので、
簡単にできました。ほかの子たちにとって10cmはたいしたことがありませんから
またいでいきます。でも、ミニチーにはできなくなっていました。

そんな様子を見ていて、8月末に家を出る時、次に帰ってくる1月には会えないかもしれないという気持ちはありました。

けいれんなどが起こるようになっていましたが、それが長引かず、長く苦しまなくてよかったと、思っています。
前日まで元気にご飯を食べていて、コロッと逝ければそれに越したことはありません。

年齢がわからないので、長生きだったのか、短命だったのかもわかりません。

少しだけ、ここに思い出メモをおいておきます。
クリックすると過去の記事に飛びます。

2008年6月15日新しい謎猫現る

この日、ミニチーが突然朝現れました。
当時庭に来ていた黒長毛猫(長毛の大きなオスのボス猫)でさえ、
無言で餌を譲ったいきなり態度がでかいミニチーでした
当時はまだしっぽが短かったので、ミニ尻尾と呼んでいました。

2008年6月16日今日もいたミニ尻尾謎猫

2008年ミニチ―

だみ声でビャービャー鳴くし、蟹股でわしわし歩くし、
でも、膝にすりすりするし、妙に愛嬌のあるミニ尻尾

毛がぱさぱさでとっても汚い  = 身づくろいしている様子がない
毛が一部薄くなっていて変!  = いじめられた?
触っても抱っこしても平気   = 人慣れている
歯は白くない。下の前歯がない = 若くない
わきの下にたるみがある    = 太っていた可能性がある
おっぱいが小さい       = 出産経験が無い
出産経験がない        = 避妊手術を受けている
前足のつめが切られている?  = 飼い猫かも

結果、もしかして、迷子猫?!

2週間ほど前から近所で建築基礎の工事があり、業者の車が来ていた。
猫があいている車に乗ってしまってつれてこられる、もしくは連れ去られる可能性はある。

前回、庭に迷い猫でやってきて、無事に飼い主さんに戻った例もあるし、
もとの飼い主さんを探すことに決めて、6月20日警察に届け出ました。

が、結局、名乗り出た人はなく、正式にカンコロの持ち物ですよという
通知が3か月後の9月21日に来て、法的にもカンコロ家の一員になりました。
唯一ミニチーだけがカンコロのものになったという警察の証明付きです。

蚤だらけ〜

ミニ尻尾獣医さんに行く

毛並みが悪くて、皮膚病を疑って獣医さんに連れて行きましたが、
10歳を超えた高齢猫だろうということで、しかも、高齢なので
捨てられたのかも。という獣医さんのつぶやきに驚きました。

はじめから、ミニチーは人になついていましたし、お風呂にも簡単に
入れることができました。

胆太き猫様ミニ尻尾

ミニチーが部屋の中を歩くと他の家猫がよけるし、餌には一番に
駆け寄り誰も近づけないオーラを発していたミニチー
よく食べ、よく排泄は、最初から。
ただ尿量は最初から多かったようだ。
目が青いので、洋猫系だったのかもしれません。

ミニ尻尾の週末

このころのミニチーは体が痩せていたせいで尻尾が少し長い(笑)

ミニチーの記事

ミニ尻尾の寝相

お散歩ミニ尻尾

家猫になったミニ尻尾

2009年のミニチ―

ころっころっミニチー

ミニチーの妊娠の疑い

ミニチーただのおデブちゃん

ミニチーのトド寝画像

じゃまじゃまミニチー

文句言いの世話焼きばあさん

2010年のミニチ―

ねこかめミニチー

ミニチーのお散歩

おでぶりんだったミニチ―
でも、太っているからとそれほど体調に問題もなく。
高齢猫と言いながらも、食欲は他の猫よりあり、消化器官も丈夫だったようす。

荼毘に付した後、骨格はまだまだ立派だったのだそうです。

洋猫の血が混じっているとはいえ、しっかりした猫だったようですね。


ニックネーム カンコロ at 23:28| Comment(2) | 思い出の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニチ―お星さまになる2015年11月5日

2008年6月15日朝庭にふらっとやってきて、庭猫たちのエサを
バリバリ食べ始めました。人に良く慣れていて、痩せていましたが、
もとは飼い猫風だったので

2008年6月20日に警察に拾得物として届け出をしました

3か月後の9月21日に届け出に対して問い合わせなしということで、

正式にカンコロのものになりました。(動物はものと同じ扱い)

獣医さんにかなりの高齢猫と言われながらも、たくましく生きて
2015年11月5日お星さまになりました。

相棒がその様子を教えてくれました。

****************************

家に帰ってみるとミニチが亡くなっていました。
家に到着したのは午後2時頃です。
家に帰りすぐに部屋に入ってミニチの様子を見ると、
サンルームの手前で横たわって眠っているようでした。
しかし息もせず心臓も動いていませんでした。
ただ、まだ体はほんのり温かく、体の硬直もあまりありませんでした。
死後30〜40分といったところでしょうか。
死に際を看取ってやることができなくともまだ暖かい体を拭いてやることが
できました。もう少し早く帰ってくることができれば旅立ちを見送って
やることができたのにと思うと少々残念です。
きっと飼い主が帰るまで頑張っていたのだろうなと思うと不憫でなりません。
家に帰り、死後数日経っているようであれば、長い間放置してしまった後悔が残りますが、帰る直前まで生きていたと思うと少し気が楽になります。
ミニチが最後まで頑張ってくれたおかげです。
 すぐにペット葬祭に連絡し午後4時に来て貰うことになりました。
ミニチを箱に入れ庭に咲いていた花、ゼラニュウム、高砂百合、
ハイビスカス、キンギョソウなどを切花にして入れてやりました。
午後5時に骨上げし、先に旅立った仲間のいる棚に骨壷を置いてやりました。
その後、写真立てを買ってきましたので、これからミニチの写りのいい写真を探し、写真立てに入れて骨壷と一緒に置いてやりたいと思います。
 お漏らしするミニチのために部屋中にひいたペットシーツを片付け、
部屋の掃除をしました。部屋を片付けているとミニチのいた痕跡が
一つずつ消えていくようで、寂寞たる思いがします。
目も見えず、鼻も利かず、音もほとんど聞こえない状態で、
それでも何とか生きてきたミニチ。
ようやく安息の時を迎えることができたのではと思います。..

********************************

ミニチーはもともと目が寄った猫でした。
何年くらい前でしょうか、ミニチーの目を見ていると、
目がぐるぐる回っていることがありました。
そのころから、体も同じ方向に回転することがよくありました。
歯も抜けてしまったのか、随分と少なくなっていました。
もともと大きな声でなくミニチ―でしたが、一日に何度も大きな声で
鳴くことが多くなりました。
鼻が詰まったり、鼻水が出たり、目やにが出たりすることがありました。
よだれと、鼻水でミニチーが寝ていたところはべとべとになっていました。
昨年からは身づくろいもしなくなったのか、毛玉がたくさんできていて
7月に帰った時は何度もブラッシングをしてようやくふわふわの毛に
なったところでした。
昨年くらいからまったく目が見えていないようで、部屋の中を頭をぶつけては
方向を変えて歩くようになっていました。

それでも、

たくましく、自分で餌を食べに行き、しっかり食べ
自分で、トイレに行って、いいウンチをしていました。

相棒の話では10月になってから、なかなかトイレを探せなくなり、
間に合わないことが多くなっていたそうです。
そして、先週からけいれんを起こすようになったのだそうです。

突然、ヨロヨロっと立ち上がりぱったり倒れて手足を痙攣させるそうです。
ビビの時もそうでしたが、しばらくしたら落ち着いて、数十分でもとに
戻るようでしたが、その痙攣の起こる頻度が高くなり、元に戻るまでの
時間が長くなってきていたそうです。

いったい何歳で、どんな経歴の持ち主で、カンコロ家にやってきたのか
わかりませんが、7年間、機嫌よく、よく食べ、よく眠り、マイペースで
存在感のあるミニチーでした。

ミニチーのことを大好きだったシロトラが虹の橋の手前で待ってることでしょう。


P1140276-2.jpg


ニックネーム カンコロ at 21:59| Comment(2) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする