2011年02月20日

りのさん、ありがとうございます♪

カンコロと相棒と猫たちにおいしいプレゼントが届きました♪
出して並べていると、

gonsirotora110217-1.jpg

ゴンタロウとシロトラがすっ飛んできて、チェックしています!!

君たち、邪魔だよ〜写真が撮れないよ〜

gonsirotora110217-2.jpg

あら?珍しくシロトラが興奮気味で、しきりにすりすりしています
あまりに過激なので、ほかの子たちが近寄れません(笑)
どうしたの?シロトラ〜

present110217.jpg

猫たちに送ってくださったパウチはカンコロ家の猫たちにぴったりの年齢ご飯で
今、調子の悪いミケにもやさしいご飯です。
そして!低カロリーパウチが!!
こんな猫ごはんがあるんですね!!カンコロ初めて知りました。
まさしく、メタボな子たちへのやさしい配慮ありがとうございます。

おいしいものと一緒にかわいい猫の絵のランチバックが入っていました。
沖縄工房「猫の家」製ですって♪
かわいいです(^^)

りのさん、ありがとうございます。
みんなとっても喜んでいます。
大切にいただきます♪

タグ:頂きもの
ニックネーム カンコロ at 00:00| Comment(10) | 頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

食べられないチョコレート

ミミちゃんのママからいただいた、チョコレートです♪

present110216.jpg

食べられません〜!!!!!!!

相棒と二人、毎日見て楽しんでいます。

いつの間にか、ミミちゃんの奥さんと、子猫ちゃん、7匹の面倒を見てらっしゃる
ミミちゃんのママ、ありがとうございました♪

タグ:猫グッズ
ニックネーム カンコロ at 23:59| Comment(8) | 頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極楽グッズいただきました♪

クロマルコの背中に乗っている、かわいいピンクの猫ちゃん。

kuromaru110217-1.jpg

実はツボ押しなんです。そして、ピンクの猫ちゃんが押してくれます♪
この猫ちゃん、なかなかの出来具合で、実に握りやすく、
力が入りやすく、手触りがよろしい(^^)

kuromaru110217-2.jpg

カンコロのパソコン横におとなしく控えていて、いつもすぐに役立ってくれます。

こんな可愛い猫ちゃん、使えない〜と、思っていたのは過去のこと、
なかなかの『極楽グッズ』です!!

レオンちゃんのママ、ありがとうございます♪

タグ:猫グッズ
ニックネーム カンコロ at 23:59| Comment(0) | 頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミケとりあえず合格点

ミケの今日の体重は

2.4キロ
腎臓の数値も正常値内でした。
元気なのはいいのですが、暴れて爪が。。。

この先の通院のことを考えねばなりません。
タグ:ミケ
ニックネーム カンコロ at 23:58| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

今日のミケとビビ

退院してから、落ち着かないミケでした。
一匹でケージに入れておいたら、爪がはがれるほどひっかくし、
顔がつぶれるほどケージの柵に押し込むし、
いきなり敷物にしていたマットを噛み噛みするし、
鳴きわめくし〜!!!!!!!!!!

母親のビビに一緒にケージに入ってもらうと少し落ち着くので、ビビには気の毒ですが、退院してから一緒に入ってもらっています。

bibimike110217-1.jpg

今朝のビビとミケです。ちょっとあきらめた?ミケちゃん
でも、戸を開けたら

bibimike110217-2.jpg

いきなり出てこようとするミケ

mike110217-1.jpg

ミケちゃんのお手手には、長い針が刺さっていました。
持続点滴の針です。
持続点滴をするときは、必ずと言っていいほど、血管が見えやすいように毛を剃ります。

mike110217-2.jpg

その痕です。
昨日は皮下点滴をしたら、肩の上に点滴をしたにもかかわらず、
1時間ほどで、体の下に水分が落ちてしまって、この剃った足にも水分がはいって
ちょっと不気味になっていました。

bibimike110217-3.jpg

ミケ:もうちょっとご飯ください!!
カンコロ:一日量が決まってますから駄目です。

bibimike110217-4.jpg

ミケ:え〜っ。。。がっかり

ミケに付き合うビビがあまり食事せず、水も飲まないのが心配なのですが、
夕方には一緒にグーグー寝ていました(笑)


タグ:ビビ ミケ
ニックネーム カンコロ at 23:58| Comment(8) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人寝

この季節、いつも盛り盛りの猫ベッドですが。

gon110217-1.jpg

昨日からゴンタロウは一人です。これは16日のゴンタロウ。

gon110216-1.jpg

これは今日のゴンタロウ。なんだか、つまらなさそうなゴンタロウ

gon110216-2.jpg

ゴンタロウ:寝るか。。

一人で寝ちゃうゴンタロウ。

era110217-1.jpg

エラバーは、エラバーも今日は一人寝(笑)

ニックネーム カンコロ at 23:41| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナッチャのしっぽ!!

1月末ごろからナッチャが変です。

nacha110216-1.jpg

相棒にすりすりして、すりすりして、すりすりして、

nacha110216-2.jpg

しっぽがだんだんと、だんだんと、

nacha110216-3.jpg

ぶっとくなって、ぶっとくなって〜〜

nacha110216-4.jpg

春のせい?

タグ:ナッチャ
ニックネーム カンコロ at 23:19| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ミケ退院する

血液検査の結果、腎臓の数値が悪く、持続点滴の必要を言われて昨日持続点滴のために入院したミケです。
今日、昼ごろ猫缶を持って行ってみたらば、腎臓の数値が平常値まで戻ったと教えていただきました。
昨夜の間に一度はいたので、嘔吐止めも抗生物質と一緒に点滴に入れてあるということでしたが、電解質の数値も戻り、食欲もあるので、連れて帰りますかといっていただきました。
入院の費用は夜までいても同じなので、夜間診察の時間に来てくださればいいですよ。ということなので、夜仕事が終わってからむかえに行きました。

獣医さんの話では、奥にちじこまった様子で、看護師さんや獣医さんがのぞくとシャーフーいうので、数値が下がった今、家でゆっくりしたほうが本人にとってもよいということです。
もちろん、よくなったのなら、すぐにでも連れて帰りたいです。

が、腎臓が原因で嘔吐があるのではなく、ほかに原因があり、吐いたり、食べられなかったりが脱水につながり、それが引き金で腎臓へのリスクが非常に高いのは確かで、腎臓をいたわりながらの生活になるということでした。
今回は持続点滴で一日で数値が改善されましたが、今後、このような改善はいつまで期待できるかわかりません。
さらに、持続点滴は血管に針を入れたままにするため、回数に限界があること。
なども説明していただきました。
皮下点滴で水分を補充しながら、治療食を食べて、過ごす日々がこれからやってきます。

「腎臓病は飼い主さんが息切れした時が最後です」と、獣医さんはおっしゃいました。

入院中のミケは腕に点滴の針を入れられて固定され、エリザベスカラーをして、うずくまっていました。
ただ、目つきはしっかりして、確かに、獣医さんや看護師さんをにらんでいるようです。
食べるところを見てくださいということで、治療餌を25g皿に入れて出されたらなんと!!がっついていました。
たぶん、治療餌でも大丈夫なので、初めは少し少ない目に吐かないのを確認してから少しづつ餌の量を増やしてくださいということでした。

入院中のお隣の丸い顔の猫ちゃんは、人恋しくてかわいい顔でしゃべりかけてくるのに、ミケはだめですね〜

家ではしばらく、観察することも含めて、ケージに入ってもらうことにしました。

mike110215-1.jpg

あまりにうるさいので、治療餌を少しだけ入れてやると、すごい勢いで食べました。

mike110215-2.jpg

食べ終わっても、もっとほしそうです。
一日様子を見てからね。ミケちゃん。

一匹で入っているのはかわいそうなので、母のビビに入ってもらいました。

mikebibi110215-1.jpg

ビビがミケをなめてやっていました。
ビビのおなかに顔をうずめるミケ、デジカメを向けると母娘でカメラ目線。

mikebibi110215-2.jpg

戸を開けると、乗り出すミケ。

食事後、トイレでウンチをしました。
しっかりした大きなウンチでした。
二階でないないと思っていたミケのウンチはもしかしたら、ほかの猫達のものだと思ったものだったかもしれません。それほど立派なウンチでした。

処理しようと戸を開けた瞬間、出てきたミケのしたことは。
猫餌の入ったお皿に顔を突っ込みカリカリを食べだしました。
だめだめ〜!!
仕方なく、もう25g治療餌を食べさせました。
24時間で100gの予定なのに、すでに50g食べちゃったミケでした。

カンコロ家の猫で初めて入院してきたミケです。

黙って、入院を許してくれた相棒に感謝です。
「飼い主の息切れ」の中には、経済的なことも含まれます。
ミケが気持ちよく過ごせるように努力します。
できれば、あまり無理をさせずに、すむようにしてやりたいです。

タグ:ミケ
ニックネーム カンコロ at 00:29| Comment(8) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

雪景色

とても珍しいことですが、カンコロの住む町に雪が積もりました。
昼ごろから降り出した雪が見る見る間に積もり、周りが真っ白になっていました。

そんな寒い一日でしたが、リビングの猫たちは気にせず寝ていました(笑)

kotoramini110214-1.jpg

カンコロ:ミニチー♪お外見てごらん♪雪が降ってるよ

kotoramini110214-2.jpg

ミニチー:ん?

ミニチーは「ん?」で、終わってしまいました(笑)

debeso110214-1.jpg

デベソが長い間見ていました。
その理由は。。。。

続きを読む
ニックネーム カンコロ at 00:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴンタロウ乗る!!

雪が降り、ナッチャが庭を見つめています。

nacha110214-1.jpg

このナッチャの画像を撮るために背中を丸めて前かがみになっていました。
その時
ずんっ!!っと、背中に重みが

デジカメを後ろ手にもって撮影してみると

gon110214-5.jpg

ゴンちゃんが背中に乗っている〜(笑)

以下は猫バカな写真です
ゴンちゃんばっかり後ろ手に撮影した画像が5枚もあります
続きを読む
タグ:ゴンタロウ
ニックネーム カンコロ at 00:30| Comment(8) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビの手

娘のミケが入院中です。
さびしいのか、ただ、二階に上がりたいからか、戸の前で鳴いていました。

そして、ふと見ると

bibi110214-1.jpg

ビビちゃん、お手手の組み方が変?

箱猫の変形でしょうか?前足がばってんに組まれています。
腕組みしているように見えます。
胸の谷間も見えるような柄具合で、妙に面白い。
それ以上に太りすぎかしら。。。


タグ:ビビ
ニックネーム カンコロ at 00:07| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

ミケ入院する

土曜の夕方から日曜にかけて相棒とカンコロの実家に行っていました。
調子がよさそうだったミケなので、おいていきましたが、夜7時半に帰ってきたら
何度も吐いた跡がありました。

すでに獣医さんの夜間診察も終わっていたので、抗生物質の薬を飲ませたのですが
夜11時ごろ、そのホイップクリームに混ぜた薬も吐いてしまいました。
朝まで不安でしたが、朝一番に獣医さんに行きました。

体重 2.2キロ

2/4の数値
5.79 RBC(赤血球) 4.91   ↓ 基準値より低く貧血を表します
28%  RCV(血球容積) 28%   ↓ 基準値より低く貧血を表します
10.8 Hb(ヘモグロビン) 10.2 ↓ 基準値より低く貧血を表します
7.2  TP(総たんぱく質) 8.1  ↑ 基準値より高く脱水を表します

29600  WBC(白血球数) 47100 ↑↑↑ 非常に高く炎症を表します

     アルブミン    4.0    ↑↑基準値より高く脱水を表します

51・1 BUN(尿素窒素) 132.1 ↑↑↑↑非常に高く腎不全を表します
2.1  Cre(クレアチニン) 3.5 ↑↑↑↑前回より高く腎不全を疑います

     ナトリウム    143
     カリウム       2.2  ↓↓↓基準値より低く電解質の異常です
     クロール      96    ↓↓ 基準値より低く電解質の異常です
     カルシウム     11.3

腎臓の数値が今までになく悪く、脱水によって電解質も異常になっています。
逆に脱水で赤血球がこの低い数値なのは正常な水分が体にあればとても低い数値になり、ひどい貧血になっています。
最初の検査で腎臓がこれほど悪い数値でなかったことを思うと、悪性腫瘍などが疑われ、貧血と、レントゲンや触診で発見されないことから血液の癌などを疑います。

腎臓の数値は腎不全の数値で腎臓がこれほどになっているということは、全体の四分の三ほどが、悪くなり、今は四分の一が働いているだけということです。
その状態では腎臓だけの病気でも食事と点滴で補ってやっても2年程度の寿命ということでした。
点滴も一日に二度必要なほど悪い状態です。
何もしなければ、数日の命と言われました。

長い説明を受けて、入院で集中的に持続点滴で腎臓の一時回復を選びました。
3日間入院して数値も変わらなければ、家でそっと見守ることにして、
でも、少しでも望みがあるのならと、入院を選びました。

今頃ミケはさびしがっているだろうか。

タグ:ミケ 入院
ニックネーム カンコロ at 23:49| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

雪が降った寒い日でした

今日は朝から西日本にも寒波が到来し、雪が降りました。

yuki110211-1.jpg

カンコロの町も雪が降り、庭から見える山は雪化粧です

そんな寒い時なので、

nachaera110211-1.jpg

相棒の膝の取り合いをしていたエラバーとナッチャですが
仲良く、エラバーの上にナッチャをのせてみたらば

nachaera110211-2.jpg

はじめこそ、ナッチャ迷惑顔ですが

nachaera110211-3.jpg

むふふふふ。。。(笑)ナッチャもエラバーも微妙な表情

nachaera110211-4.jpg

相棒が手を放しているというのに、二匹ぬくぬくと雪化粧の山を見ているようです♪
ニックネーム カンコロ at 00:22| Comment(10) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

ミケのうんちは今どこに?

1月から調子が悪くなり、25日に獣医さんを受信したミケですが、連日点滴をして抗生物質を飲んでいるおかげで少しづつですが、吐かずに食事ができるようになりました。
6日に吐いたあと、吐いていませんし、毎日80gの猫缶を二つはきっちり食べています。
獣医さんで診察をしてもらっていると少しづつ便もたまってきているということです。
便がたまってきているのに、便が見つからないので、排便できていないと心配していました。
獣医さんもあまり出ないと強制的に出さねばならない。と、いわれていました。
10日木曜は獣医さんが定休日なので、今朝、連れて行ってみていただきました。

体重は2.5キロ、便はなし。

は?便はない?一昨日腸にあった便は排便されてないということです。
獣医さんのお話では排便があったはずということです。
おかしい。
ずっと2階に一匹で置いておいて、排尿は確認できています。
ミケの便は一体どこに?

なんだか、とぉっても不思議なことに、嫌な予感もするんですが。。。

ミケの便は一度獣医さんに診てもらわねばならないと思っていました。
しかし、見てもらうも何も、どこにあるのかわかりません。

しかし、食べる量と、出ている様子と、体重の増加が、あの一時期よりよくなっていると思われます。
獣医さんも抗生物質の経口投与はしばらくするとして、点滴は食事がしっかりできているのなら回数を減らしてもよいといってくださいました。

何よりミケ本人が、簡単に捕まらなくなりました。
ちょこまか逃げるし、知恵を出して、どこにいるのか、ふっつり姿を見せなくなったりします。
おかげで水曜日は獣医さんに行けませんでした。

いったいミケはどこで、どのように潜んでいるのか。。。。
元気になったのはいいけど、もう少し、観察してやりたいのに。

賢いミケは、獣医さんに連れて行かれる可能性のある時間帯は絶対姿を現しません。
そして、絶対獣医さんに行かない、午前0時過ぎから、朝8時くらいまで、
2時間おきくらいにご飯頂戴とおねだりにやってきます。

眠いけど、猫缶を開けるカンコロでした。
早く元気になっていつものように食べておくれ〜

タグ:ミケ
ニックネーム カンコロ at 23:40| Comment(10) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少しづつ家猫になるクロマルコ

長く庭猫だったクロマルコ。
家猫になって1年と少しですがいまだに、猫どうしうまく付き合えず、
二階で一匹で過ごすことが多いです。

コタツも初めて見たクロマルコ。
いまだに中に入れませんが、コタツの掛布団の端っこで丸くなっていることが
多くなりました。

布団もなかなか掛布団の中に入れませんが、カンコロの枕がお気に入りで
いつも枕に乗ってきます。
そして、寒いこの頃、カンコロが寝るとき使っている電気座布団の暖かさに
気が付き、大好きな枕と電気座布団のある場所に陣取ります。

kuromaru110202-1.jpg

でもね〜この場所は、カンコロが寝る場所なのだ〜
寝られないからのいておくれ〜

タグ:クロマルコ
ニックネーム カンコロ at 23:23| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探し猫・迷子猫

2日に資源ごみ置き場に行くとこんな張り紙が

maigoneko110202-1.jpg

二匹の猫がひも付きで外につないでいるときいなくなった。
それで、探し猫ですが、こんなこともあるんですね。

ちなみに、連絡先が、時々カンコロも猫を見に行く、スーパー「もくや」になっています
猫のお世話をしているお店なのでしょうか。

それにしても早く見つかるといいですね。
猫にとっても飼い主さんにとっても。

ニックネーム カンコロ at 23:21| Comment(0) | ご近所猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

もりもり、猫てんこ盛り

寒い日の猫のいる風景ですが

nekos110201-1.jpg

ミニチー、デベソ、コトラ、奥にシロトラが一つの猫ベッドにてんこ盛り状態です

nekos110201-2.jpg

角度を変えるとこういう風です。奥の猫ベッドにはエラバーがいます。

数時間後

nekos110201-3.jpg

エラバー、ミニチー、デベソ、奥にシロトラが猫ベッドにてんこ盛りになっています。
しめて、20キロなり〜

奥の白餅はゴンタロウです(^^)

ニックネーム カンコロ at 01:06| Comment(6) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川県高松市平尾山の猫

2月5日土曜日、相棒について香川県高松市に出かけました。

kagawa110205-1.jpg

平尾山で、お仕事の後、車で道に出ようとした時、

kagawaneko110205-1.jpg

黒いにゃんこが♪

kagawaneko110205-2.jpg

健康そうな若い黒猫ちゃんです
今回は、この黒猫ちゃんが唯一出会った猫ちゃんでした。

その後、香川県立図書館に移動、相棒がお仕事中にカンコロは図書館で
一冊の本に巡り合う。

『わたしのノラネコ研究』山根 明弘著

わたしたちの最も身近な野生動物ノラネコ。その社会はまだナゾにつつまれています。福岡県新宮町相島。玄界灘にうかぶ小さな島での7年間にわたる、200匹ものノラネコの調査・研究を、写真と図版でいきいきと再現したドキュメント。だれにでもできる観察、調査の方法もわかりやすく紹介。ノラネコが見えると動物たちが見えてくる。  
amazon.co.jpより

大きな猫が子孫を多く残しているのか?初めて遺伝子を使った研究から意外な結果が!!
雌猫はテリトリー内のボス猫の子供より、よそのテリトリーからやってきた若い猫の子供を産んでいた。
という結果でした。

喧嘩が強く、顔がでかいから、体がでかいからと言って、雌猫に人気があるとは限らない。
そうかもしれません。カンコロ家の猫もそうです。

でも、カンコロが感動したのは、最後の著者が謝意を述べるところで、多くの諸先輩、現地の人々と並べて、
「なにより、貴重なデータをとらせてくれた今は亡き猫たちに感謝する」
という一文にほろりとさせられました。

猫は出てこないですが、ちょっと旅の様子を
続きを読む
ニックネーム カンコロ at 00:55| Comment(2) | 旅先猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビとミケ母娘

どんな時も、ビビと、ミケ母娘は一緒だなぁと思う風景です。

bibimike110206-1.jpg

めっきりミケが細く小さくなってしまって、巨大な猫に見えるビビ。
母と子猫のようでもあります。

ミケちゃん、連日点滴に通っていますが、体重は2.2キロから2.4キロの間をうろうろ。
吐くのも6日の朝に吐いてから吐いていませんが、便が出ていません。
2月7日の診察の時に獣医さんから、今後の治療について聞かれました。

現在の点滴と抗生物質の投与で、劇的な回復を見られない今、次の治療のために
検査を追加するかどうかの選択でした。

糖尿病も甲状腺の病気も完全に払しょくされたわけではないが、検査の結果は繰り返し嘔吐する原因には考えられない。年齢的に腎臓が弱っているが、やはり、嘔吐の原因とも考えられない。
では、次は何を調べるか。
回復傾向で胃から腸へ食物が流れ、便ができているので、閉塞ではないようだが、
ほかに考えられるのは腫瘍、アレルギー、免疫系の病気。などがあるそうです。
触診などでは腫瘍らしいものは見つからないし、レントゲンでも映らないが、
腸壁などに広がるようなものもあるし、免疫系の病気なら食事を徹底して変えなければならない。
しかし、いずれも検査で確信があってこそ、できる治療であって、今の状態では
することができない。
ただ、検査は麻酔をかける検査になり、腸の一部を切除して精密検査するなど危険もある。
しかし、的確な治療にはそれが必要である。
今のまま、点滴で腎臓を守りながら、食欲が出るように続けるか、
または、ステロイドを使って、改善を試みるか。
ただし、ステロイドは一度使ってしまうと、精密検査をしても正常値が出ないので
根治には至らない。
飼い主さんが決めてくださいということでした。
ミケは今年、14歳。猫の寿命は長くて20年。一般的には長生きの部類に入ります。
獣医さんを訪れる患畜の猫も16歳くらいまでがほとんどで、16歳というと、
よく生きたなぁ。という飼い主さんの言葉が出るそうです。
つらい検査をして苦しい治療をして、完治まで至った後、ミケの寿命はどれくらいあるのでしょう。
なかなか、決断がつかないカンコロです。

タグ:ビビ ミケ
ニックネーム カンコロ at 00:11| Comment(4) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

エラバーはデベソの肘乗せ枕

窓辺の猫たち、よくある風景です。

nekos110206-1.jpg

左から、ビビ、ゴンタロウ、ミニチー、デベソ、エラバー、シロ長毛猫
シロ長毛猫だけ、いつも一匹です
ところで、デベソですが

minidebeera110206-1.jpg

何気にエラバーに乗りかかってます。
エラバー、首の上に乗られて苦しくないか?
軽量級のデベソが首に乗るより、重量級のミニチーがお尻に乗っているほうが
苦しいか?(笑)
エラバーはデベソのお気に入りの肘乗せ枕です♪


ニックネーム カンコロ at 23:49| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする