2010年01月31日

1月31日

カンコロ猫カレンダーをもらってくださった皆様
1月31日が抜けていましたこと、本当に申し訳ありませんでした。
そして、暖かい声をかけてくださった皆様、ありがとうございました。

1月31日といえば、カンコロ家猫第一号の「ネコ」という名前の猫の命日です。
看取った猫の第一号でもあります。
その後、家の中にいた猫達もシマ・ブッチ・デカ・クロ・クロスケ・キュッタロウと次々に、庭猫に至ってはお墓を作っただけでもオサルやシマタロウ、白い子達。

ですので、皆まとめて、1月31日が命日と思っています。
そんな、カンコロ家では忘れてはならぬ日をカレンダーから落としてしまいました。
とほほほのほです〜

ネコ

ネコとの出会いがその後の猫達とのご縁でした。
このネコがいなければきっと、猫を知らない人生だったかもしれません。
でも、何もわからず飼っていたので、最後までかわいそうなことをしました。
もっと、何かしてやれたかもしれないと思うことばかりです。

ネコとキュッタロウ

キュッタロウはネコに育ててもらいました。
蚤だらけ、耳ダニだらけ、お腹には虫だらけ。のキュッタロウをなめてなめて
綺麗にしてくれました。
もちろん、カンコロも洗ってやったのですが、人間が洗うよりせっせとなめてくれたほうが綺麗になっていました。

ネコとキュッタロウ

キュッタロウはネコが生きている間、自分で顔や体をなめたことがなかったのではないでしょうか。

ネコとキュッタロウ

天国のネコちゃん、その後に天国に行った猫達の世話をしてくれていることでしょう。

ネコとキュッタロウ

ついこの前、キュッタロウがそちらにいったけど、汚れているからなめてやってね。
洗ってやったけど、あまり綺麗にならなかったんだよ。

ニックネーム カンコロ at 23:21| Comment(4) | 思い出の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

りのさん、ありがとうございます♪

りのさん、美味しいお菓子をたくさんありがとうございます♪
28日に届きました。
すぐにお礼のメールを送ればよかったのですが、何時もこの時間になってしまい、
メールをするのがご迷惑な時間ですので、今日もできませんでした。
申しわけありません。

でも、ちゃんと壊れもせず、届いております。
ありがとうございます。

gon100128-1.jpg

カンコロ家のチェックマンゴンタロウが・・・
ゴンちゃん、下半身太ってない?

mike100128-1.jpg

次はミケですか。。。はいはい気の済むまでどうぞ

nacha100128-1.jpg

ぎゃっ!!ナッチャ!!いきなり出てこないでよっ!!

era100128-1.jpg

エラバーお前もか〜!!!!
エラバーはデジカメにあたまごっちんにきたのでした。
邪魔なやつぅ〜

しばらくしてからと・・・

mini100128-1.jpg

ミニチー〜そんなところで寝転ぶなよ〜

mini100128-2.jpg

ミニチー:にゃ!!まぶしっ!!

まぶしかったら頭を下げるかどこかにいってくれ〜

りのさん、無事に家までは届いております(^^)
猫達の歓迎の嵐にさらされておりますが。。。。。
ニックネーム カンコロ at 00:32| Comment(2) | 頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

お詫びです

皆さんにもらっていただいた、カンコロ家猫カレンダーに
1月31日がありません!!
申しわけありません。

シールを作ってお送りしようかと思ったのですが、もう日にちがなく
こちらでとにかくお詫びをしようと思います。

申し訳ありませんでした。

ゆぅさんのブログで紹介していただいた写真がとても綺麗だったので
頂いて帰ってきました。
他にも頂いて帰ってきていたので、まじまじと眺めていて気がつきました。
ゆぅさんのブログはこちらから

2010c-1.jpg

今年からカレンダーソフトを使わず、ネットのカレンダーをダウンロードして使ってみました。

ばかばかっ!!カンコロの馬鹿っ!!
お恥ずかしいですぅぅぅぅぅ〜!!!!!

そして、温かく見守ってくださっている皆様、ありがとうございます。
こんなカンコロですが、これからもよろしくお願いいたします。
ニックネーム カンコロ at 01:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の猫達♪

暖かい日があったり、寒い日があったり。
毎日気温の変化が激しいこの数日です。
しかし、リビングの猫達にはあまり関係がない様子。

頂いたお花は日に日に鮮やかに花が咲き、いい香りをしています。
水をやっていると

gon100126-1.jpg

ゴンタロウが香りをかいでいました。
いたずらしないでね、ゴンちゃん♪

siroko100126-1.jpg

お花はシロコのケージからもよく見えます。
シロコはお花を見ているのか、よくこの猫トイレの中にいます。

era100126-1.jpg

エラバーが前を横切ったので、瞬間シャッターを切りました。
鼻水が出てるぞ、エラバー

笑えるのがミニチーで

mini100126-1.jpg

この一発芸はいったい?でも、可愛い(笑)←猫馬鹿

nacha100126-1.jpg

最後はナッチャ。
こやつ、がさつ者なので、すごく心配!!
走り出したら、ものを蹴散らしながら飛び回るので、いつひっくり返されるかと
ひやひやしてます〜

ちょうどいい台になると、お花を置いてあるのが、猫のおもちゃです。
これにじゃれつれたらどうしよう。。。
そういうものの上においてはいけないのよね(汗)

ニックネーム カンコロ at 01:12| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

キュッタロウへの贈り物

長い闘病生活を過ごしたキュッタロウを苦しみのないお空におくりだしてやれました。

無事におくりだしてやれたことは、キュッタロウを応援してくださった
皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

アドバイスを頂き、いろんなものを送っていただき、応援していただき、
本当に本当にありがとうございました。
キュッタロウは本当に幸せものです。そして、カンコロも幸せものです。

今頃は、きっと、虹の橋で先にまっていた猫達と元気な体になり、
美味しいものを好きなだけ食べ、飲みたいものを好きなだけ飲み、
くつろいでいると思います。

1月22日の夜にお花が届きました!!

agurisan.jpg

あぐりさんからです。
キュッタロウにはこの季節庭にお花がなくて、水仙しか手向けてやれませんでした。
この色とりどりの花はとても嬉しいです!!ありがとうございます!!

tutityantyan.jpg

ツッチーとボーボとサニーさんとちゃんちゃんからです。
ありがとうございます!!
お二人にはデカの時にもお花を頂きました。
そのときの日記がこちらです
キュッタロウや先に虹の橋にいるクロやクロスケが写っています

飼い主にもしてやれないことをしていただきました。ありがとうございます。

kyu100122-1.jpg


パソコンの不都合で、キュッタロウの遺影がこれになってしまいましたが
その前にお供えさせていただきました。

キュッタロウは花の好きな猫でした。
花を生けていると、必ず、キュッタロウが花をくわえて走っていきました。
花を食べていることもありました。

花をくわえて小走りに走っていくキュッタロウの可愛かったこと。
若い頃も、太ってお腹が揺れていた頃も、キュッタロウが花をくわえて走る姿は可愛かったです。
猫馬鹿でごめんなさい。

でも、苦しそうな顔しか思い出せなかったカンコロでしたが、お花を見て、
可愛かったキュッタロウを思い出しました。

ありがとうございます。
ニックネーム カンコロ at 23:46| Comment(6) | 頂き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンがっ!!

1月22日カンコロの愛機PanasonicLet’sNoteがいきなり

いきなり!!休止したまま動かなくなりました

キュッタロウにお花を頂きましたので、キュッタロウの可愛い写真を打ち出して、
遺影にしようと、パソコンの中を探していました。
なかなか、探しきれず、遅くなってしまったので、お送り頂いたお礼を先に書こうと
メールを立ち上げ、送信しようとしたその瞬間。

『休止モード』と、画面に現れ、いきなり画面は真っ暗に

続きを読む
ニックネーム カンコロ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラキチの猫ベット

ケージ暮らしが長くなってきたトラキチです。
試行錯誤をしながら、落ち着けるように気を配っています。
でも、ケージの中から外に向けてマーキングするのはやめておくれトラキチ!!

一番上に屋根つき猫ベットを置いてから、随分と落ち着いているトラキチでしたが、
屋根をぶつして寝ているトラキチ

torakiti100123-1.jpg

写真を撮ろうとしたら、降りてきました(汗)

なるほど。。。。
猫ベットの中からげろっぱをしたのね〜
しかも、マーキングした足で猫ベットをふみちゃごにしていたためか
猫ベットがくさい〜
周りを掃除して拭いて新しい猫ベットを入れてやりました

torakiti100123-2.jpg

新しい猫ベットにさっそく入っているトラキチ
シロコと違って素直なやつだ〜

臭いを放つ猫ベットは明日洗おう・・・・と、

sirokodebeso100123-1.jpg

デベソがチェックしてます(笑)
それをシロコがケージの中から見てます。

mike100123-1.jpg

ミケちゃ〜ん!!入らなくてもいいのに〜
あ、やっぱりくさい?
ニックネーム カンコロ at 22:43| Comment(0) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫が出たシロコ

便から、虫が出たシロコです。
本当は猫のお腹の虫全般に効くという「猫用プロフェンダースポット」を処方されたのですが、捕まえて首の後ろに薬をつけてやらねばなりません。
しかし、それは難しいこのごろのシロコ。
ケージの中を触ろうとしただけで、シャーフー怒るのです。
狭いところに入っているので、ストレスかもしれません。
仕方なく、一緒に処方された回虫駆除の飲み薬を餌に混ぜて飲ませることにしました。
可愛そうですが、少し、お腹をすかせておいて(夜のご飯を早くしました)朝、猫缶に混ぜて3日間与えます。
22日23日24日と毎朝同じ時間に猫缶に混ぜて与えました。
無事、シロコは全部食べてくれました。
24日のウンチには虫がしっかり出ていました。

再度感染しないために、トイレや猫ベット、ケージを掃除しなければなりません。
シャーフー言われながら、怖いよ〜と、猫パンチを避けながら、お掃除しました。
猫ベットは洗っている間ないと寒いと思い、新しい猫ベットを用意しました。

siroko100122-1.jpg

爪とぎ棒だっておニューだよ♪

が。。。。

siroko100122-2.jpg

猫トイレに入ったまま固まっているシロコ

いい加減、猫ベットにお入りよ〜

と、思って一晩空けた23日の朝

ケージにシロコがいないと焦りましたが

siroko100123-1.jpg

猫ベットに入っているようです♪

シロコ、気に入った?
ニックネーム カンコロ at 22:23| Comment(0) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

体重測定

滴下式線虫・条虫駆除剤『プロフェンダー スポット』は体重別に量が決まっています。
5キロ未満と5キロ以上に分かれますので、カンコロ家の猫達は微妙です。

一家総出の?体重測定です。

結果

ビビ : 5.1キロ
ミケ : 4.3キロ
ゴンタロウ : 5.7キロ
トラキチ : 4.6キロ
デベソ : 不明 
クロマルコ : 3.7
シロコ : 過去3.2キロ
エラバー : 6.7キロ
ミニチー : 7.7キロ(また太った?!)
ナッチャ : 4.7キロ
シロ長毛猫 : 5.6キロ

明日の朝、薬を注文しなければ。
獣医さんの在庫より多いカンコロ家の猫達。
ニックネーム カンコロ at 01:22| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

シロコ虫が出る!!

暖かい4月中旬のようなさわやかな朝。
久しぶりによく寝たカンコロにはまぶしい朝でした。

そんなさわやかな朝、シロコの猫トイレを掃除中見てしまったものは。。。

回虫らしきもの発見。

しばらくは足を踏み入れたくなかった獣医さんですが、シロコの便を持っていってきました。
検査に時間がかかっていると思ったら、回虫と判断不明の虫の卵があるということでした
顕微鏡の映像を見せてもらったら黒い丸の中心にもう一つ丸のある回虫の卵と、
楕円形の黄色っぽい卵に紐が詰まっているような映像。
たった一つなのですが、これが何なのかわからないのだそうです。
とりあえず、首筋にたらすだけで、猫のお腹の虫全般に効くという「猫用プロフェンダースポット」を処方されたのですが。
ケージの中にいるとはいえ、手で捕まえられないシロコなので、回虫用の飲み薬ももらいました。
3日間飲ませなければなりません。
一月位してから、再度検査をして、卵がなくなっていればいいのですが、そうでなければ、今度こそ、とっ捕まえてでも皮膚にプロフェンダースポットという薬をたらしてやらねばなりません。

獣医さんから、家中の猫達に回虫が蔓延している可能性を言われました。
全員まとめて駆除してやらねばまた、順番に感染する可能性があると。
言われていることはわかりますが、なかなかつかまらない子もいるわけで。。。

とりあえず、シロコのほかには小汚いシロ長毛猫用にも一本もらってきました

ニックネーム カンコロ at 00:23| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

キュッタロウの最後

まったく食べても飲みもできないのに排尿があります
午前3時ごろキュッタロウのオシメを換えました。その時、少しスポイトで水を与えてみると一鳴きしました
段々、お腹が上下し、小さく頭を動かすことを繰り返えします
う〜う〜と鳴きながら、苦しそうにするので体位を変えてやると大人しくなります
それを何度も繰り返します。

前足と後ろ足を掻くように、まるで水の中から水面に向かってもがくようにします。
相棒が人工呼吸をすると静かになりました。4回繰り返しました。

そして、

2010年1月19日午前4時35分。キュッタロウは旅立ちました

どの猫も亡くなる前は辛いきつい顔をしていても、なくなった後しばらくすると穏やかになるのに、キュッタロウは顔の部分だけは緊張したままでした。固く閉ざしていて口の中もみてやれませんでした

日が差してリビングが暖かくなってから汚れた体を洗ってやりました
涎で汚れても洗ったり、拭くのを嫌がりました。
ブラシでそっととかしてやるだけで、汚れは固まる一方でした。
洗っていると、体は柔らかくなるのに、顔だけは固くなったままでした。
それだけ辛かったのでしょうか、未練があったのでしょうか。

今の時期、庭に黄色の花しかなくて、水仙を切ってやりました。
骨壷を探しに出たときに、桜草を買って帰ってきました。

kyu100119-1.jpg

キュッタロウが玄関で水を飲んでいた場所。
植木鉢の受け皿の水を飲んでいました。

kyu100119-2.jpg

キュッタロウが玄関から外を見ていた場所です
特に夏はこの場所によくいました。

kyusirotora100119-1.jpg

相棒を玄関で待っているときに、シロトラが玄関前にやってきました。
キュッタロウのことが大好きなシロトラです。

夕方定時に一時仕事を終えて相棒に帰ってきてもらい
ペット葬祭に連れて行ってもらって荼毘に付してもらいました
もう4回目のペット葬祭でしたが、今回は般若心経を流してくれました
それでも、お値段はデカちゃんの時から同じ2万円でした。

夕暮れ時に河川敷で焼いてもらいました
痩せて細く細くなっていましたが、骨は綺麗でした
胸の辺りに大きな塊が焼け残っていました。胸にできた癌でしょうか。
こんなに大きくなっていたのかと驚くほどです。
やはり死因はこの大きな胸の癌なのでしょうか。

でも、痛みも苦しみもない世界にいけてよかった

2007年2月26日から始まったキュッタロウの獣医さんかよい
口内炎はその前から始まっていましたから
まる3年、1000日を越える辛い日々の終わりでした

去勢手術をした猫にとって、食事は唯一の楽しみといってもいいと思います。
その楽しみの時間が口内炎のため痛みのために地獄の時間になってしまいました。
お腹は空いて食べたいのに食べられない日々でした。
カンコロは何とか食べてもらおうと毎日毎日お刺身とホイップクリームを買いに通いました。
食べられるパウチや缶詰を探しに行きました。

が、キュッタロウが贅沢なわけではありません。
キュッタロウは何度もバーゲンで買った安いカリカリを食べようとしていました。
本当はカリカリが食べたかったのでした。

1994年11月カンコロ家の二匹目の猫としてカンコロが道端からつれて帰ってきたキュッタロウでした。
その時も、がりがりに痩せた子猫でした。

長く一緒にいてくれてありがとうキュッタロウ。

経済的にも、心身ともに支えてくれて、ありがとう相棒。

そして、今まで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
ニックネーム カンコロ at 00:31| Comment(16) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

重量級猫もりもり

1月15日に日付が変わった頃、リビングに下りていくと。。。

eraminidebe100115-1.jpg

あら、これはまた、妙な取り合わせで猫ベットが盛り盛り

eraminidebe100115-2.jpg

後ろにちんまりと黒い猫が。。
デベソがエラバーとミニチーのお尻にくっつくように一緒に猫ベットに入っています。

猫ベットが気の毒に見える。。。。
ニックネーム カンコロ at 00:38| Comment(6) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲がいいのか悪いのかエラバーとミニチー

最近、シロ長毛猫に文句をいいに行くミニチーは、その分、エラバーに文句を言わなくなった。
かも、しれない。

そのせいか、こんなツーショットも

eramini100115-1.jpg

猫ベットに座るエラバーとミニチー
微妙に緊張感を感じるが。。。

eramini100115-2.jpg

妙にシンクロしているエラバーとミニチ

eramini100115-3.jpg

eramini100115-4.jpg

ミニチーの後頭部を舐め始めるエラバー
くさいのか?

eramini100115-5.jpg

何事もなかったようなエラバーとミニチー
ミニチーの後頭部には不自然な毛の波が。。。

この後、ミニチーが文句を言い出したためエラバーは猫ベットから出てきました。
その猫ベットに一匹で横たわるミニチーでありました。
仲がいいのか悪いのか。。。
ニックネーム カンコロ at 00:38| Comment(6) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

今日のキュッタロウ

昨日、獣医さんで注射してもらったステロイドのおかげで昨夜は鮭のお刺身を少しとお水も飲みました。
しかし、その後から嘔吐1回と下痢をしています。

下痢がつづくため、肛門周辺がただれて出血してしまいました。
ネコ砂の上に力なく座り込むため、汚れるので、何度も拭いたのがいけなかったようです。
さらに、エラバーが丁寧になめてくれたのもあってか、皮膚がただれてしまいました。
抗生物質入りの軟膏を塗ってオシメをして乾燥しないようにしていますが、痛そうです。
その下痢も夕方にはなくなっています。
まったく何も食べず、飲まず、それなのに、尿だけは4時間に一度の割合で出ています。

昨夜から、二階にいたクロマルコを一階のリビングに下ろして、二階にはキュッタロウだけにしています。
逆に昼間はがさつものナッチャを二階において、キュッタロウを一階のリビングにおいています。

数が多いと、やりにくいこと結構あります。

kyu100118-1.jpg

相棒に撫でてもらうキュッタロウ。
鼻の頭がかさかさです。
ニックネーム カンコロ at 23:48| Comment(4) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大猫達のキュッタロウへの思いやり

昨夜深夜からキュッタロウはトイレに行けなくなりました。
枕元にトイレをおいてあり、動けば体を支えてトイレに入れてやりますが
そのときにはすでに。。。
朝までに二度ペットシーツにしていました。
さらに、下痢がひどくて、量は出ないのですが、午前中まで出続けていました。

朝、キュッタロウを一階のリビングにつれて降り、日のあたる場所においてやりました。
すると、エラバーが寄ってきて、キュッタロウをなめてやっていました。

今日はどうしても仕事を休めなかったので、オシメをして家を出ました。
体温が下がるといけません。
昼間のリビングは日が入っている間は春のように暖かいので、日のあたる場所にいればいいのですが、日が沈むと急に冷えてきます。
出る前にキュッタロウが寝ている猫ベットに使い捨てカイロを入れてでました。
あわてて夕方かえると、キュッタロウは窓際の猫ベットに移動してシロ長毛猫と一緒に入っていました。

大猫達のキュッタロウへの思いやりが嬉しい一日でした

kyusirotyo100118-1.jpg

長毛の大猫は暖かく、キュッタロウの体を温めていました。
お礼に猫缶を開けてやり、さらにシロ長毛猫にはキュッタロウが食べられなかったお刺身二種をやりました。
ニックネーム カンコロ at 23:26| Comment(0) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

阪神淡路大震災から15年

今日で、阪神淡路大震災が発生してから丸15年になります。
多くの人が被災し、亡くなり、悲しい思いをしてから15年です。

震源地から80キロほど離れたカンコロの街でも震度3強の揺れがありました。
当時、塩田跡地に立てられた集合住宅に住んでいました。
5階建てが4棟あり、その二棟目の一階に住んでいました。エレベーターはありません。
ペット禁止の住宅でしたが、一年前の1994年正月にカンコロ家のベランダにやってきたねこという猫をすでに、その年の4月に避妊手術をして家に入れて飼っていました。
さらに!!1994年11月にキュッタロウを道端で保護してつれて帰ってきていました。
ですので、震災のあった1995年1月17日には二匹の猫が一緒に住んでしました。

明け方の5時46分、震度3強とはいえ、すごい揺れでした。
相棒が気がつき、地震だ!と、言ったのですが、前夜遅くまで起きていたカンコロは寝たまま。
が、次の瞬間、転がるほどの揺れに飛び起きました。
同時に電気が停電しました。近所で「キャー!」という声と、ガッシャーンというものの倒れる音がしました。
あわてて、カンコロはあわてものなので、パジャマのまま玄関から外に出ました。

各階でざわめきがありましたが、誰も出てくる様子がなかったので、部屋に入りまいた。
すると、ねことキュッタロウが寝ていたカンコロの布団から這うように出てきて、リビングのコタツの中に入りました。

その後、コタツの中で吐いているような気配があり、懐中電灯で見ると吐いてありました。
二匹をなだめすかして出そうとしましたが、動きません。
コタツの中で二匹で固まっていました。

幸い、これだけで済みました。家具類で倒れたものはありません。
後日聞いた話では、上の階で一部倒れたものがあったそうですが、倒れるべくして倒れたものであったらしく、被害はありませんでした。
当日派手にガッシャーンといったものは、傘立てだったそうです。

まもなく、電気が復旧し、テレビをつけてそれからは、一歩もテレビから離れられなくなりました。
皆さんもご存知のような映像が流れていました。

震災時の、ペットの避難はとても難しいようです。
避難所で、共に過ごすことは難しいようです。まず無理です。
今、カンコロ家には12匹の猫がいます。庭にいる猫も合わせると14匹。

つれて移動はできません。何があるかわからない今の地球です。
今後の課題として、肝に銘じる記念の日でもあります。

あの日、一緒にいた、ねこはすでに1999年1月31日に虹の橋のたもとに行きました。

今はキュッタロウだけがあの震災の日を知っています。

ニックネーム カンコロ at 23:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウの獣医さんかよい

無事にクリスマス、年末年始を迎えたキュッタロウです。
しかし、状態はよくありませんでした。

痛み止めのせいか、胃腸に負担がかかったのか、下痢が続き、
11月24日からステロイド治療に切り替えたキュッタロウです。
前の痛み止めほどシャープな効き目はないようですが、まずます。。。。と、
言ったところでした。
何度か、ステロイドをやめてみようと思いましたが、12月16日から21日までとめて、元の痛み止めに変えましたが、痛み止めの効いている間だけとそうでないときの差の大きさに、また、ステロイドに戻しました。

口内炎もそうなのですが、12月25日頃から呼吸が苦しそうです。
胸の上下もありました。
口内炎のせいで食事ができてないだけではなさそうなことが続きました。
お正月からは、なんとなく、それほど長くは一緒にいられないような気がしました。

今年になってから呼吸音が「しゅっしゅっ」とするほどになっていたのですが、
9・10・11日の連休くらいからその呼吸が少し収まってきたようでした。
呼吸は収まりつつあるのですが、体温が下がってきたようです。
さらに、後ろ足が頼りなくなってきました。
12日には階段を上がれなくなっていました。3段ほど上がってとまります。
くだりは相変わらず、一気に降りていきます。
13日にはウンチをするのに、踏ん張れません。
14日には40cmほどのキッチンの椅子に飛び乗れなくなっていました。
食事量も一日100g食べられなくなってきました。
それより、食べる様子がおかしいです。
お腹はすいているようですが、上手に食べられず、食べることに疲れてやめてしまいます。

かかりつけのK獣医さんはたまたまですが、11日から14日まで休診でした。
連れて行って、よくなるのであればいいのですが、嫌がることをすることで、一気に悪くなってもいやなので、どうしようかと考えました。

でも、今日、階段は下りてきたもののトイレに入る姿が変です。
トイレでしゃがみこみ、出てこれません。
夕方の診察時間に連れて行きました。

エコーの結果、お腹にも胸にも水がたまっていました。
体重は2.3キロですが、腹水と胸水の重さでしょう。

いつもの副院長先生はいらっしゃらなかったのですが、院長先生の見立では
後、片手程度の日数でしょう。ということでした。

ステロイド体重に対して2mgの注射をしますから、一時的によくなったように見えますが、以後は、もう無理です。

ということでした。
ニックネーム カンコロ at 23:01| Comment(4) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラキチの健康診断

1月15日トラキチの猫用 ロイヤルカナンベッツプラン PHケアフィッシュ 2kg がなくなったので、診察をしてもらいました。
もちろん、尿も持っていきました。

トラキチの体重4.6キロ適正だそうです。
トラキチの体つきなら、4.5キロから5キロがベスト体重とのこと、
2キロの餌を90日で食べたので、摂取量は少し少なめですが、まずますの範囲ということでしょう。

1月15日の検査結果

採取方法: 自然排尿
色調  : 黄色
尿比重 : 1.041
pH  : 6.5(正常値)
Protein : +
Glucose : −
Bilirubin: −
潜血  : −

尿沈渣
    特記事項無し

と、言うことで、めでたくすべて正常範囲内でした。

本当はこの状態で血液検査の必要はなかったのですが、半年間診察を受けていなかったのと、今後、また何時連れて行けるかわからなかったので、健康診断の意味で簡単な血液検査もしてもらいました。

血液検査の結果です

RBC赤血球数       8.86 10/ul 
PCV血球容積       36 %   
Hbヘモグロビン濃度    12.2 g/dl 
TP総たんぱく質      7.0g /dl   
横断指数          0 /ul  
WBC 白血球数      7100 /ul 

血液化学検査
TP総たんぱく質      8.3g /dl     
ALBアルブミン      3.4g /dl   
ALTアスパラギン酸    50 u /l    (人間のGTP)
  
ALP           95 u /l  
GLU血糖         171 mg/dl  ↑ (興奮による)
BUN尿酸窒素       18.5 mg/dl   
CREクレアチニン     1.3mg/dl   

血液検査も問題なし♪

引き続き餌はロイヤルカナンベッツプラン PHケアフィッシュ です。
2キロもらってきたので、また、2ヶ月〜3ヵ月後に様子を見ましょう♪
タグ:トラキチ
ニックネーム カンコロ at 22:38| Comment(0) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

お宝です♪

カンコロファミリーのお宝です♪

ブログ『もう少しそばにいて』のあぐりさんが、描いてくださいました♪
カンコロ家の猫達です!!
皆ご機嫌な笑顔ですよ♪

画像をクリックしていただくと大きな画像が出ます。是非ご覧になってください。

agurisannenga.jpg

2008年2009年のカレンダーから描いてくださいましたので、今は虹の橋のたもとにいってしまった子達もいます。
とっても嬉しいプレゼントです(^^)

あぐりさん、ありがとうございました♪

あぐりさんのブログ『もう少しそばにいて』はこちらからお尋ねください
鯛ちゃんと味噌ちゃんというかわいい猫様がいます♪
ニックネーム カンコロ at 23:54| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

シロ長毛猫ぼろぼろになって帰ってくる

シロ長毛猫は昨日は一度も家に戻ってきませんでした。
正月以来、朝出て行き、昼戻り、夕方出て、夜家で過ごす毎日を過ごしていたシロ長毛猫。
勝手口からも庭に面したサッシからもあければさっと入ってくるようになっていたのに、
昨日は一度、庭を横切っただけで、家には入りませんでした。

そして、今日の昼休み、相棒と家の前まで戻ってきたとき見たものは
家の前の空き地に散乱した白い毛と、べったりついている血の跡。

相棒も心配していましたが、この寒さ。
喧嘩をしてその後どこかで臥せっている間に凍えてしまったらどうしよう。。。
昼休みが終わって職場に戻る前に家の周りを
「しろちょぉ〜」と、声をかけながら回ってみましたが、返事はありませんでした。

あれが、シロ長毛猫を見た最後になったらどうしよう。などと、思って夕方職場から帰りました。
家の周りをやはり一回りしましたが、いません。

家に入ると、シロトラがご飯ちょうだいコールを勝手口からしていました。
カリカリを出してやると、それでもシロトラが鳴いていました。
寒いので、家にでも入りたいのかな〜などと、思っていると、シロトラの声が

「へぇ〜♪」 ←カンコロにはそう聞こえるシロ長毛猫の声

ん?!シロ長毛の声に変わりました。
勝手口を開けてみると、両耳から血を流したすご〜い格好のシロ長毛猫が立っていました。

さっさと、リビングに入り込んできたシロ長毛猫がしたことは

なんと!!リビングの猫トイレで大と小をしました!!

うううううう。。。。うちの家猫達が外に遊びに行って帰ってきてすることは、
もしくは、脱走をして戻ってきて一番にすることは、トイレに直行すること。

シロ長毛猫でさえ、家のトイレに直行するのか?!

外で、ゆっくり用を足すことができなかったんでしょうか。。。。

sirotyo100114-1.jpg

福袋に入っていた猫の体拭きのウエットティッシュでカンコロが拭いて、
相棒が丁寧にブラッシングした後のシロ長毛猫です。
あのすごい状態を撮影しておけばよかった(笑)

耳と目の間に噛み付かれた痕があります。
悪いひきつれたほうのまぶたにも牙の刺さった痕がありました。

化膿せずに治ればいいんですが。。。。
タグ:シロ長毛猫
ニックネーム カンコロ at 23:59| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする