2008年10月31日

秋の体重測定

秋の大体重測定大会

キュッタロウ 2.2キロ
ビビ     5.0キロ
ゴンタロウ  6.3キロ
ミケ     4.8キロ
トラキチ   5.0キロ
エラバリ   6.5キロ
ミニ尻尾   6.3キロ
ナッチャ   4,5キロ

デベソ 推測 3キロ以下
シロトラ推測 4キロ以下

mini081031-1.jpg

ぼってり〜
       ミニ尻尾

bibi081031-1.jpg

むっちり〜
       びびちゃん

ニックネーム カンコロ at 01:07| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

お目目がきれいにならないゴンタロウ

ゴンタロウは目にヘルペスがあるために、目やにで目の周りが汚れることがある。
これは、母親のビビも目にヘルペスがあるため、母子感染した様子です。
しかし、ビビは比較的目はきれいで、たまに腫れる程度。
ゴンタロウはたいてい左の目の周りが汚れてしまいます。
目薬を入れたり、濡れティッシュでふいたりするのですが、かわいそうに
なかなかきれいな日がありません。

gon081030-1.jpg

ぺろぺろ
。。。。。。ふきふき

gon081030-2.jpg

ぐしぐし
。。。。。。ごりごり

gon081030-3.jpg

きれいになった?

ううん・・ちっとも
ニックネーム カンコロ at 00:46| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復活のキュッタロウ

昨日、獣医さんで点滴を受けて帰ってから、驚くほどに意識が戻ってきたキュッタロウ。
意識が戻ると言うか、不足していた水分が内臓に行き渡った。と言うほうがいいのかも。
気分がよくなったようで、目つきも穏やかになり、排便もあった。
尿はそれほどでなかったが、それは体が必要な部分に行き渡るために体外に出ることができなかったのだろう。
冷たくて硬くなっていた体も少しだけ骨と皮の間に潤滑油的な水分が補充された様子。
とても久しぶりに二週間ぶりにパウチも食べた。
実は、食べる量が少なくなっていたので、お刺身の魚の在庫がそれほどなかった昨夜。
それでも残り全部食べて寝たキュッタロウ。
早朝にお腹がすいたと言うので、パウチでも。と出したら、食べたので驚いた。
今まで出しても顔をそむけて口もつけなかったのに。
昼もパウチを一つあけてやった。
もちろん80g全部食べるわけでなく、半分程度だが、今まで食べなかったので、驚くのである。
しばらく点滴で水分補給をするという治療方針なので、今日も獣医さんに行く。
昨日まで反応がなかったのに、今日は周りの犬の声や子供の声に反応している。
診察台でも降りようとじたばたしていた。
体重は100g増えて、2.2キロだった。
久しぶりにたくさんウンチが出たので、昨日と同じか減っているかと思ったが、ほっ♪
点滴中も昨日はくったり横になったままだったのに、今日はじたばた。
車の中で相棒がオシメをしようとしたら、座席の置くに潜む始末。

帰りにお刺身を買って、家についてすぐに食べさせました。
先ほどまでに200g近く食べたかもしれません♪
うれしいうれしい復活のキュッタロウです。

多くは望まないけど、食べたいものを食べられてるように。
痛みは最小限に。
そう願っているカンコロです。

ニックネーム カンコロ at 00:46| Comment(4) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

デベソとエラバリ〜

エラバリ顔が大きいので、トラブルの元になっております

debeera081027-1.jpg

デベソとエラバリともに庭を見る様子
(デジカメが古いものをつかったので少し暗いですが)

debeera081027-2.jpg

上半身を起こしてデベソを見ると・・・
デベソあせってエラバリにシャーと言う

debeso081027-1.jpg

デベソ不機嫌

最近猫たちに恋の季節がやってきたのか、雌猫たちがうるさい。
デベソもちょっとばかり活動的。
そのせいか、エラバリがデベソのそばにいたがります。
デベソも悪い気はしないようですが、何しろエラバリ顔が大きいので、
不意に動くと迫力があるらしく、デベソがシャーフー言ってます。

どちらも、悪気はないのよ〜
ニックネーム カンコロ at 23:26| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウの獣医さんかよい

お水をください。と、なくキュッタロウ。その声もいつもの声でありません。
クロが意識障害を起こしたときのような、高いよわよわしいかすれた鳴き声。
水を入れてやります。水とわかっていても飲めない。
水面の1cmくらい離れたところで、舌をちょろちょろしていて、少しも飲めません。
目つきも少しおかしくなっていたので、K獣医さんに行ってきました。

体重は2.1キロ

血液検査の結果です

RBC赤血球数       6.99 10/ul ↓
PCV血球容積       35 %    ↓
Hbヘモグロビン濃度    11.9 g/dl 
TP総たんぱく質      7.0g /dl   
横断指数          0 /ul  
WBC 白血球数      14100 /ul 

血液化学検査
TP総たんぱく質      8.5g /dl  ↑ (脱水)   
ALBアルブミン      3.2g /dl   
ALTアスパラギン酸    99 u /l   ↑ (人間のGTP)
AST           70 u /l   ↑ (人間のGOT)  
ALP           183 u /l  ↑ (胆のう機能)
GLU血糖         225 mg/dl  ↑ (痛みによる)
BUN尿酸窒素       109.5 mg/dl   ↑↑
CREクレアチニン     0.8mg/dl   ↑
Naナトリウム       152 mEq/l
Kカリウム         4.7mEq/l   ↑
Clクロール        117 mEq/l
リン            6.5 mg/dl  ↑

肝臓機能が悪くなっていますが、これは脱水によるものかもしれません。
血糖値が高いのも口内炎の痛みによるストレスが原因と思われます。

が、腎臓機能が悪くなっているのは、年齢的なことから言って
腎臓の4分の3の部分が機能していないのではないかということでした。
腎臓はごくわずかの部分の機能でも正常に体を保つので、
もうしばらくはこのままでも生活をしていけるでしょう(生存できるでしょう)
と言うことでした。

持って行った尿検査は

Route 自然排尿
色調    うす黄色
尿比重   1.031   (普通)
pH    6.5     (普通)
Preotein  +30mg/dL  (多い)
Glufose −
Bilirubin   −
Keton     −
潜血    ++0.2mg/dL   (多い)

尿沈検
     結晶のくずれたもの
     赤血球(+)   
     白血球(+)   

よくはなっていません。

さて、脱水を改善するために点滴をします。
痛みをとるために痛み止めを注射します。
それで、よくなれば。。。
よくなる部分は脱水の改善。
脱水の改善によって、水が飲めて、食欲が出れば。

年齢も15歳ですし、クォリティオブライフ
たとえ少し短くなっても機嫌よく、食べたいものが食べられる生活を
選択したいと獣医さんには伝えました。


ニックネーム カンコロ at 23:24| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふみふみなっちゃ

なっちゃが相棒をじっと見つめている

nacha081027-1.jpg

本当は乗っちゃいけない食卓の上(笑)

nacha081027-2.jpg

相棒の手にごっつんこのなっちゃ

nacha081027-3.jpg

すりすりなっちゃ

nacha081027-4.jpg

相棒の膝の上に乗ってみつめるなっちゃ

相棒のお腹で踏み踏みするなっちゃ



カメラ目線でふみふみしております(笑)
相棒のお腹がとても気持ちよさそう〜
ニックネーム カンコロ at 23:23| Comment(6) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留守番猫たち岐阜編

相棒が岐阜県に出張するのでカンコロもついて行ってきました。

猫たちのことは前回山口編と同じです。

今回は山口県の走行距離1000キロと比べるともう少し短い8キロ程度なのでもう少し早く帰れるかと思いましたが、相棒の仕事が長引き前回より長時間家を空けることになってしまいました。

しかし!!

あの小心者のキュッタロウが、お世話してくださるお隣のチッポちゃんのママが餌の用意をしてくれる間、二階から下りてきて、じっと待っていたのだそうです。

今回は3食分をお願いしたのですが、一食は完食してくれてあったそうです。

そして、庭猫たちの餌もお願いしました。
前回のように玄関先で餌のおねだりをされると恥ずかしいので、あらかじめ
餌入れを用意しておいて、入れてやってもらうようにお願いしました。

他の9匹の猫たちはリビングで前回より少し多い目に餌を老いてやりましたが、やっぱり完食!!
どうも置いたら置いただけ食べている様子。困ったやつらだ。

さて、今回も猫ちゃんに遭遇できませんでした。残念ですぅぅぅ

行きのサービスエリアに「黒丸」とありました。
家にいる庭猫のクロマルコを思い出したので、休憩していくことにしました。

その時に利用したトイレは。。。。

kuromaru.jpg

小さくてわかりにくいですが、ぬいぐるみや可愛いお花がたくさん飾ってあるとっても可愛いトイレでした♪

gihu081022.jpg

こちらは宿泊したホテル。
8階の大浴場からは長良川と金華山と頂上の岐阜城が見える結婚式場でした。

猫たちも無事で、よかったよかった♪

お隣のちっぽちゃんのママに大感謝です♪

キュッタロウも思いかけない行動に出て、それはそれで、よかったよかった♪

ニックネーム カンコロ at 23:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

留守番猫たち 山口編

相棒が山口県に出張するのでカンコロもついていってきました♪

30時間お留守番をした猫たち。

キュッタロウは二階と玄関スペースはいつもどおり。
一日二回、お隣のチッポちゃんのママに餌と薬をお願いしました。
キュッタロウの食べられるものをミルクもパウチも用意し、
お刺身を小分けにしてお願いしました。
室内に入ると小心者のキュッタロウなので、玄関で餌を置いてやることにしました。

他の9匹はいつもの一階リビングとガレージスペースで、餌てんこ盛りです。
一匹80グラムですが、少し余分に置いて全部で1キロ以上を置いていくのですが、
毎回、完食してあります。食べすぎだと思うが〜
もちろん、トイレにはその証拠がたっぷりとあります。

さて、さて、午後から出発

瀬戸大橋をわたって岡山に上陸。



さらに広島を抜けて、夜8時過ぎ、宿泊先の山口県湯田温泉に到着。

ホテル隣接の『亀の湯』で温泉につかり、のびのび〜

kamenoyu081020.jpg

翌朝の『亀の湯』

sirokitune-1.jpg

ホテル近くの酒屋の前にいた招き猫ならぬ、招き白狐

sirokitune-2.jpg

ちょっと年季の入った招き白狐

今回は猫ちゃんに会えませんでした。残念だわ。

さて、さて、お隣のチッポちゃんのママにキュッタロウのことをお願いしましたが、
翌朝電話が!!
何事かとびっくりしましたが、
「キュッタロウ君が餌を食べていないけど、足音がしているので大丈夫と思います」
と、いった連絡でした。
ほっ(笑)

前回もお願いして、二回目のお隣のチッポちゃんのママ。
キュッタロウは階段をとんとんと下りてきて、姿は見せないものの
餌を食べていたのですが、今回は食べてないので、心配して電話を
してくださったようでした。
あまった餌はどうしましょう。と言うことですが、外の庭猫にやってほしい。
ともいえず、そのままに。と、お願いしたのでした。

家には午後7時ごろ帰り着いたので、すぐご挨拶に行くと、

な〜んと!!庭猫のコトラがシロ長毛猫と並んでお隣のチッポちゃんのママに餌をおねだりしたとか!!

なんと〜恥ずかしい〜(笑)

キュッタロウは餌は食べなかったが、元気にしていて、帰りに買って帰ってきたお刺身をがっついてくれました。

そして、他の9匹は予想通り、餌は完食!!
元気いっぱいにまっていました。

かわいそうだったのはクロマルコ。お隣さんにも甘えず、じっと庭で待っていたようでした。

しばらく相棒がひざに乗せて撫でてやっていました。

みんな無事にまっていてくれてありがとう♪

ニックネーム カンコロ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

天気がいいのでエラバリお散歩

家の中ばかりでストレス気味のエラバリ。
相棒が家の前につれて出てやりました。

era081018-1.jpg

転がってるんなら、家でも同じじゃん(笑)

era081018-2.jpg

撫でられてぶにょ♪のエラバリ

era081018-3.jpg

こうやって遠めで見るとワンコのようだ(笑)

era081018-4.jpg

でも、エラバリ(笑)

era081018-5.jpg

そんなにとくまで行くのか?

era081018-6.jpg

エラバリが帽子をかぶってるみたいだ〜
ニックネーム カンコロ at 01:42| Comment(10) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばろうね♪キュッタロウ

食欲が少しづつ落ちていくキュッタロウ

仕方ないのかもしれないけど、がんばろうね♪キュッタロウ
ニックネーム カンコロ at 01:39| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

エラバリの鼻炎再発

10日に家出をして戻ってきてから、くしゃみをするようになっていた
今週になってからひどくなり、青洟を飛ばしていた。
しかも、血も混ざるようになったので、M獣医さんで抗生物質をいただいてきた。
鼻炎は完治しないのだそうだ。
抗生物質を一ヶ月ほど集中投与。
前回もそうだったが、今回もそうなりました。
とりあえず、朝晩一錠ずつ飲みましょうね♪

era081017-1.jpg

相棒に抱き上げられて頭をぐりぐりしてもらっているエラバリ

era081017-2.jpg

あはははは(笑)顔がひらべったくなってるぅぅぅ〜

era081017-3.jpg

見詰め合う一匹と一人(笑)

この後、カンコロの指をかんでくれました〜
ニックネーム カンコロ at 00:59| Comment(0) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

お土産を持って帰ってきたエラバリ(怒)

昨日、エラバリは朝からうるさかった。

相棒が見かねて散歩につれて出たら、とっとことっとこと歩いて、
ひょいっと、草むらに入ってしまった。
草むらの中をくしゃみをしながらがさごそと移動していくエラバリ
気配だけは草むらから相棒にわかったそうな

ずんずんとカンコロ家のある団地の北側のがけ際を東に移動し、
モモちゃんの家のふちをぬけ、さらに東に移動。
人の通れる道ではないので、草むらの中を移動していくエラバリの
気配を見送った相棒であった。

相棒はその後、県西のほうで、仕事があったので、しかたなくそのまま
仕事に行く。

そして、今朝のこと、カンコロが一階に下りてくると、庭をよぎってくるエラバリ発見。
勝手口をあけると、呼ばなくてもささっとリビングに入り爆睡するエラバリ。

散々寝たようなので、昼から、雑巾で顔と体を拭いてやった。
相棒がふと、抱き上げたので、そのお腹を見たら・・・

蚤が!!蚤が!!一匹じゃないいっぱいいるじゃない!!

フロントラインを即効で、落とし、蚤取り櫛ですいてやると

とれるわとれるわとれるわ〜!!!!!!!!

30匹くらい?いや、もっと?
蚤取りシャンプーの入った水に入れて退治しましたが、

あぁ。。。なんて、お土産を持って帰ってきたんだ!!


era081011-1.jpg

夜、いつもの場所で寝ているエラバリ

era081011-2.jpg

顔が汚れてる?ほっぺが黒い(笑)

era081011-3.jpg

幸せそうに寝るエラバリであった〜
ニックネーム カンコロ at 23:56| Comment(9) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウの獣医さんかよい

ステロイド治療のせいでか、膀胱炎になってしまったキュッタロウ。
一時的に口内炎の治療をやめて膀胱炎ようの抗生物質にかえていました
やっぱり口内炎は痛いようで、食事がままなりません。
マグロのお刺身なら、食べていたのに、この二〜三日食べません。

食べないし、水も飲まないのに、尿は一日数回します。
膀胱炎になって、ペニスを舐めすぎて大出血してから、オシメをしている
キュッタロウなので、オシメの重さを量ると50g程度。
一日4回くらいなので、一日200gくらいの尿をしていることになります。
今日、清潔トイレにした尿を採って、獣医さんにもって行きました。

体重は2.6キロでした

尿検査は

Route 自然排尿
色調    黄色
尿比重   1.042   (普通)
pH    6.5     (普通)
Preotein  ++100mg/dL  (多い)
Glufose −
Bilirubin   −
Keton     −
潜血    ++0.2mg/dL   (多い)

尿沈検
     赤血球(−)   (普通)
     白血球(−)   (普通)

前回よりよい状態ですが、まだ、完全に膀胱炎がよくなっているわけではない様子。

ですので、もう一度口内炎の治療にもどし、一週間か二週間後に尿検査をして見ましょうということでした。
ペニスの傷はまだ先が赤くなっているので、塗り薬を塗って、様子を見ることに。

一日200g程度の尿量は大体200ccというこうとで、キュッタロウの体重からしたら、尿量は少ないのだそうです。
水分を取っていないのに尿が出ることが不思議ですが、それでも体は尿を出すのだそうです。
そして、出ないより出ているほうがいいのだそうです。

獣医さんにお願いして点滴をしてもらいました。
150mlほど、点滴をしてもらいました。

家に帰って、早速口内炎の以前飲ませていた抗生物質アジロマイシンを飲ませましたが、あまり食欲も戻りません。
夜、痛み止めを飲ませました。
その後、鰹の刺身を食べました。

痛み止めを飲ませても、食べずにカンコロや相棒にぐるぐる言いながらよってくるのが切ないです。



ニックネーム カンコロ at 23:56| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

シロコが来た♪

その日は小雨降る寒い日
そんな中でもシロコはやってくる
カンコロの家のある団地の別の場所から歩いてやってくる
もともとは、カンコロの家の庭で生まれ育ったのに、他の猫たちに
追い出されて、いつの間にやら、坂を下りて、道を隔てて
帰っていくようになってしまった
それでも、毎日のように玄関先に来る。
庭には大嫌いなコトラがいるので、ほとんど入ってこない。
玄関先でカンコロや相棒が玄関近くに来る気配を感じると
鳴いて知らせる。
カンコロは餌を持って、チーズをもって玄関に出て行き、
シロコが食べ終わるまで、みてやるのが日課。
見ていてやらないと、他の猫がシロコの餌を食べるから。
家の中には子供のデベソがいるので、捕まえられるのなら、捕まえて
家に入れてやりたいのだけど、手の届くところにこない。
なので、蚤取りの薬もつけてやれずに、耳がダニにかじられて形が変わっている
左耳の先が黒くなっている

siroko081005-1.jpg

玄関の床に玄関前に相棒が咲かせたコスモスが写っている

siroko081005-2.jpg

siroko081005-3.jpg

1999年春生まれなので、もう9歳なのに、体が小さいから子猫みたい。
母親はクロマルコ、子供はデベソ、血縁は皆黒い色の猫なのに、シロコは白猫

siroko081005-4.jpg

目が汚れているのも気になるのに、拭いてもやれないのが残念


ニックネーム カンコロ at 23:18| Comment(6) | 猫プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄関のシロ長毛猫

カンコロ家の玄関先にいるシロ長毛猫
本当は、玄関に来たシロコに出してやった餌を横取りに来ました
でも、シロコはシロ長毛猫やクロ長毛猫なら走って逃げません。
ご近所猫のピラちゃんやコトラなら見ただけで逃げます。
と、いうことで、順番待ちということで、先にシロ長毛猫に
食べて帰っていただきましょう

sirotyo081005-1.jpg

シロ長毛猫は知っています。
シロコが来た時は美味しい餌をカンコロが出すことを

sirotyo081005-2.jpg

シロ長毛猫は知っています。
シロコが来た時は大好きなチーズをカンコロがもっていることを

sirotyo081005-3.jpg

シロ長毛猫。。。とぼけた顔してるけど
カンコロがチーズを持ってくるのを待ってるだろう
でも、今日はないよ。いつものチーズが値上がりしたんだ

sirotyo081005-4.jpg

白い猫はちょっときれいだね〜
そろそろ冬毛になって、ふっくらしているシロ長毛猫

ニックネーム カンコロ at 23:07| Comment(0) | ご近所猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やんちゃなナッチャ

カンコロ家の暴れん坊

ナッチャ

nacha081005-1.jpg

どっ!!どこに乗ってるの?!

ガレージで猫トイレの掃除をしている後ろを前をとっとことっとこ
走り回っているナッチャ

ダダダ〜ン!!と、つみあがっているダンボールを駆け上がると
ガレージのハリの上に!!

nacha081005-2.jpg

ちょこんと、一番上に積み上げてあるクリスマスツリーの箱の上に座る

最近、あらぬものがガレージの床に転がっているのはナッチャのせいか〜

nacha081005-3.jpg

だめだよ!!ナッチャ!!
さらに上を目指そうするナッチャを止める
聞かないナッチャ
持っていたほうきで箱をたたくと

nacha081005-4.jpg

しおらしく?箱の陰から顔を出すナッチャ

ナッチャァァァァァ!!

家の中のガレージと言わず、リビングと言わず、走り回っては
誰かれとなく、追いかけるナッチャ
相棒の声もカンコロの声も気にしない
唯一、ミニ尻尾にだけはしかられておとなしくなるのでありました
ニックネーム カンコロ at 22:44| Comment(0) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

頂き物

スーパーとAixaの共同企画に応募したところ、スーパーの金券が当たりました♪

present080927-1.jpg

今年はよく当たるなぁ♪
うれしいです。
これで、猫たちにパウチか缶詰か買ってやります。
キュッタロウにはマグロか鰹のお刺身を買ってやります。
2000円じゃ足りないかな(笑)

人間二人より、キュッタロウのほうがお金のかかるこのごろです。
でも、キュッタロウもがんばってるんだものね〜
ニックネーム カンコロ at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウのおしめ

キュッタロウは口内炎のせいか、膀胱炎のせいか、股を舐めて毛をむしります。

月に一度のペースでステロイド注射をすると、しばらくは食欲が出ます。
しかし、細菌などによる鼻炎のような症状がでたりします。
鼻水が出ていることがその証拠です。
そして、今回はどうやら、膀胱炎になったようです。
きっかけは、口内炎のような痛みを感じる症状のときにインスリンを体内から放出する場合があり、そのまま糖尿病になると怖いのです。
ステロイドの注射もインスリンを放出させる原因になります。
それで、尿検査をしたところ、尿に潜血があり、白血球も増えているので、膀胱炎らしいという診断が出ました。
股間を舐めているのもそのせいかもしれないと言うことでした。
ステロイドの注射は先延ばしにして、膀胱炎に効く、抗生物質の注射をして、対処しました。

ところが、股間を舐める行為をやめるどころか、ペニスを舐めまくって、出血させています。
出血も半端でない出血をさせましたので、獣医さんでみてもらい、
『酢酸プレドニゾロン0.25%眼軟膏』という、目の中に塗るステロイド系の
塗り薬を処方してもらいました。
その塗り薬を塗り、舐めないようにオシメをします。
ストレスのようですが、仕方ありません。

キュッタロウは口内炎でよだれが大量に出ることと、口内炎のせいでか、上手に舐めることができません。
体を舐めるときれいになるどころか、逆にべとべとのねとねとになり、毛がこびりつきます。
ブラッシングをして、塊をほぐしたり、ティッシュで拭いて粘りをとってやります。
気持ちよさそうにするので、できるだけそのことに時間を割いてやります。
しかし、食事の前とか、勇気を持って食事をするのに、キュッタロウは毛を舐め、むしり、血を出すほどにしてから、食事を始めると食べる量が増えます。
体を舐めて、きれいにしてからという習性はいつしか、口内炎の痛みから逃げるためのようになってきているようです。
そのせいで、股の毛は抜けて、剥げています。
前足も両足とも、毛が抜けて剥げています。
どちらも、舐めやすく、毛を抜きやすいからでしょう。
毛の上なら、比較的ダメージは少ないのですが、毛がなくなったり、毛のない部分。ペニスなどは舐めて舐めて、皮膚が破れて、出血してしまいます。
それでも、舐め続けているキュッタロウです。

振り向いたその口の周りに血がべっとりついていたら、心臓に悪いです。

首にカラーを巻くと言うことも考えましたが、よだれが出続けているキュッタロウにはやはり、オシメしか選択肢がないようでした。
オシメをしてもちゃんと猫トイレに行くので、気がつけばはずしてやります。
でも、外出などで長時間オシメをしたままだと、毛のない股間は赤くただれたようになります。
こまめに取り替えてやらなくてはなりません。
それと、排便のときに少し柔らかい目のタール便のキュッタロウはお尻周りを汚します。
尻尾を出す穴を大きくして、ウンチはオシメの外に出るようにしてやりました。
それでも、多少汚れますが、全部オシメの中にあるよりずっときれいなので、そうしています。

気持ち悪いのか、オシメをかじっていることもあります。
口の中に、吸水の薬品が入らないか、心配です。

いろいろリスクはありますが、それでも、オシメをせざるをえないキュッタロウです。

きっと、膀胱炎が治っても、股を舐めることをやめないと思います。
口内炎が治らない限りには。
その間はずっとオシメをし続けなくてはなりません。

ニックネーム カンコロ at 23:26| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする