2008年07月29日

トラキチの血尿完治

先週、血尿がでて、タイヘンなことになったトラキチ

詳細は→こちら

抗生物質の注射と消炎鎮痛剤の注射をされて、治療餌をもらって、
一週間たったら再度診察につれてきてください。
ということでしたので、K獣医さんに連れて行ってきました。
尿の検査は

圧迫排尿

色調 黄色
尿比重 1,038
pH  6.0

尿沈査 異常なし

やった!!異常なしですって。

よかったね。トラキチ、これでケージから出してあげられる♪

家につれて帰って、リビングに出すと、いきなりリビングでにおい付け。

あぁ。。。ずっとケージでいて欲しかったわ〜

そして、そんなことをするから、ナッチャやミニ尻尾に追いかけられたり
威嚇されたりしていました。

そそくさと、ガレージに行ってしまったトラキチでした。

でも、ま、よかったよかった。ということで(^^)

最近、獣医さんに連れて行って、『治る』という言葉がなかった我が家では、なんだかほっとした気持ちでいっぱいです。

実は、トラキチが入っていたケージですが、一時期、庭でのたれていた猫たちを一時保護したときに入れていたことがありました。

このケージに入れたら元気になってでてきたことがないんじゃないかというくらい、庭でのたれた猫たちが相次いで虹の橋を目指していってしまったとき、そのジンクスを破ったのがトラキチでした。

庭で後ろ足をつけなくなって、何も食べずうずくまっていたトラキチ。
保護して、ケージに入れて、獣医さんで治療をしてもらって、元気になった猫でした。
その後、トラキチは家猫になりました。

今回も、獣医さんに行って劇的によくなるということが久しくなかった我が家では、久しぶりに元気になってくれたトラキチでした。

うれしい獣医さんかよいです♪

ニックネーム カンコロ at 00:32| Comment(4) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウの獣医さん通い

ステロイド剤を7月14日に注射して10日目に食欲がなくなり、
よだれがひどくなり、匂いがし始めたので、今回はその様子を
インターフェロン治療をしていただいているK獣医さんに見てもらいに
連れて行った。

食べていない割りに体重は3キロをキープ

口内炎以外はまずまずの全身状態の様子。
しかし、口内炎はひどいので、今まで3日おきに飲ませていた抗生物質の
間隔を短くすることに提案されて帰ってきました。

早速、明日飲むはずの抗生物質アジロマイシンを飲ませました。

さて、少しはよくなるんだろうか。。。
ニックネーム カンコロ at 00:23| Comment(0) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

お散歩♪ゴンタロウは見た

ビビやゴンタロウを散歩につれてでた
庭でくつろぐゴンタロウたち

そこにやってきたのは

sirotyo080726-1.jpg

玄関先で寝ていたシロ長毛猫

sirotyo080726-2.jpg

用心深く、威厳をたたえてシロ長毛猫がくる

sirotyo080726-2.jpg

庭のあちこちをにおうシロ長毛猫
しかし、その姿をじっと見つめるゴンタロウ

sirotyo080726-3.jpg

ぎょっ!!としたシロ長毛猫
ゴンタロウの熱い視線に気がついたようです(笑)
ニックネーム カンコロ at 02:42| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お散歩ビビちゃん

ビビちゃん久しぶりのお庭です

bibi080726-1.jpg

ビビ:なんだか、視線を感じるわ

bibi080726-2.jpg

振り返ってみるビビ

bibi080726-3.jpg

げげげっ!!!シロ長毛猫だったわ

この後、ちょっとだけご挨拶していたビビとシロ長毛猫でした
ニックネーム カンコロ at 02:29| Comment(0) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お散歩ナッチャ

ビビやゴンタロウと一緒に庭に出てきたナッチャ

いきなりシロ長毛猫と遭遇し、どうするか
かつてはラブラブな関係だったナッチャとシロ長毛猫

sirotyonacha080726-1.jpg

まずはご挨拶ね〜

sirotyonacha080726-2.jpg

ナッチャが大接近!でも、鼻が悪いからよく臭うためかもしれない

nachakurotyo080726-3.jpg

ナッチャのくつろぐ後ろにはクロ長毛猫

nachakurotyo080726-1.jpg

クロ長毛猫のほうは見つからないようにさり気に視線をはずす(笑)

この時点で、カンコロの庭にはビビ・ゴンタロウ・ナッチャ・
シロ長毛猫・クロ長毛猫がいたのであった

nachakurotyo080726-2.jpg

まっ!!ナッチャったら、はしたない!!何処に顔をくっつけてるの〜

sirotyonacha080726-3.jpg

あ、今度はナッチャの後をシロ長毛猫が・・・
猫にとっちゃご挨拶みたいなものかしら〜

nacha080726-1.jpg

結局最後は相棒のひざに乗ってきて、くつろぐナッチャであった〜
リビングと同じだわ〜
ニックネーム カンコロ at 02:14| Comment(0) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お散歩ミニ尻尾

庭に出たそうに、リビングから庭のゴンタロウやビビを見ていたミニ尻尾

出してやると・・・・

mini080726-2.jpg

庭猫のために置いてある餌を食べる

mini080726-3.jpg

そんなことをしに出てきたわけじゃないでしょう〜?

そして、次にミニ尻尾がしたことは・・・

mini080726-4.jpg

相棒のひざでくつろぐ〜

そんなこと、リビングでもできるじゃないの〜
ニックネーム カンコロ at 01:55| Comment(0) | 預かり猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニ尻尾の寝相

午前5時過ぎ、キュッタロウに起こされて一階のリビングに下りたときのこと。
リビングのダイニングセットの下で仰向けになって大の字で寝ている
ミニ尻尾を見た。

二階にそっと上がって、カメラを持って降りて・・・

mini080726-1.jpg

お。。。ミニ尻尾ちゃん、目が覚めたか

乙女の恥じらいはどこかに置いてきたのかい?

それともカンコロ家にきて、暑さのあまり寝相が悪くなったのかい?

次は寝ているところを撮影してやろう〜
ニックネーム カンコロ at 01:43| Comment(0) | 預かり猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

トラキチ観察中

7月21日に獣医さんで抗生物質と消炎鎮痛剤の注射をしてもらって治療餌で様子を見ているトラキチ。

22日にはかなり尿が出た様子で、血も混じらなくなってきた。

しかし、餌を食べないのが困る〜!!!
餌を食べないと膀胱の砂が溶けない。

効き目は薄いがフィッシュテイストにしたらよかった〜
スターターはカンコロ家の全員が嫌いなんだった。。。。
かかりつけのM獣医さんなら、その提案もあっただろうが、初めてのK獣医さんだったので、お決まりのスターターの処方となったのでした。

K獣医さんの休診日の木曜の朝には、トイレにしゃがんでうなっていたので、また、詰まったんだ。。。(汗)
幸い午後には出た様子で、猫トイレに尿があったので、ほっとしました。

その後、餌を食べさせるために、反則技を使いました。
鰹節をふりかけてしまいました。
でも、そのおかげで少しだけ食べるようになりました。

一日の摂取量がトラキチの場合70g程度なのに20gくらいしか食べていません。
しかし、ちゃんと毎日ウンチも少しですが、でているので、様子を見ます。


torakiti080724-1.jpg

これは調子がいいのか悪いのか。。。。
ニックネーム カンコロ at 01:48| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

キュッタロウの避暑地

エアコンのない家でカンコロ家の猫たちは過ごしている。
暑いのか、昼に顔を見ると文句を言う猫たち。

しかし、本当に暑いのは二階に居るキュッタロウ。
特に昼間は二階はやっぱり一階より暑い。

昼間キュッタロウは・・・
やっぱりカンコロ家で一番賢い子ですねぇ

kyu080724-1.jpg

二階につながる階段下の玄関の石の上に寝ているようです。
キュッタロウのささやかな避暑地です(笑)

kyu080724-2.jpg

獣医さんからキュッタロウの口の中の写真が撮れればとって置いてくださいといわれたのですが、ステロイドの注射でご機嫌だったのは3〜4日。
その後は、あくびはするものの、こじんまりしたあくびで、シャッターが間に合わず。
失敗ばかりです。
それでも、撮れるかもしれないと、デジカメでキュッタロウをねらうカンコロ。
キュッタロウはそれでなくてもカメラのピントあわせの光が大嫌いなのに〜
かわいそうかもしれません〜
ニックネーム カンコロ at 00:31| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビちゃんころころ

朝、庭猫のクロマルコに餌をやって写真を撮っていると、いつの間にか
玄関から出ていたビビ

草むらでなにやら・・・・

bibi080724-1.jpg

家の前の空き地でころころしている

bibi080724-2.jpg

う〜んんんん

そこにある何がそこまでビビにころころさせるのか?

bibi080724-2.jpg

でも、ビビちゃん、とおっても満足そう〜♪

ビビちゃんの白い毛はきな粉のように、黒い毛は粉をはたいたようになってしまいました。
ニックネーム カンコロ at 00:26| Comment(0) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロマルコとシロコとコトラ

暑い毎日ですが、ご近所猫のシロ長毛猫とクロ長毛猫は一日一度は顔を出します。
シロ長毛猫などはお隣さんの話ではほぼ一日カンコロ家の周りに居るそうです。
そのせいか、シロ長毛猫が居ることが多い玄関に庭猫たちが居ません。

クロマルコは北側の玄関前でも東側の勝手口でも南側の庭でも移動してきます。
コトラはたいてい庭にいて、玄関側にはめったにまわってきません。
どちらもシロ長毛猫にあわずにカンコロや相棒にご飯をください。と、やってくることができます。

しかし、シロコだけは玄関前にしか来ません。
コトラと仲が悪いので、庭側にはきません。

そのせいでしょうか、シロコを見なくなってもう3日。

どうしているのか。。。。心配です

kuromaru080724-1.jpg

7月24日のクロマルコです
ご飯を食べたらさっさとカンコロ家から離れてしまいます

kuromaru080724-2.jpg

なんだか、後姿がさびしい。
いや、後姿しか見られないカンコロがさびしい。
ニックネーム カンコロ at 00:18| Comment(0) | 庭猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

トラキチ獣医さんへ行く その1

7月20日、夕方リビングの猫トイレ以外でしゃがんでいるのを見て叱る。
ガレージに行ったきり、戻ってこないと思っていたが

7月21日ガレージで様子を見ていると、トイレを順番に入ってはしゃがんでじっとしている。
疲れたようにでてきて、ガレージの隅でうずくまって、また、5分ほどで、猫トイレに入り、じっとしゃがんでいる。

トイレに尿が出た様子はない。
今日は祝日だし。。。。カルテのあるいつものかかりつけのM獣医さんは休診日。
明日まで待つか・・・でも、ちょっと様子が変

2時間ほどガレージで様子を見ていてもよくなる様子はないし、最後はガレージの端でうずくまったままになってしまったので、獣医さんに連れて行くことに。

用意をして持ち上げたらおしっこでまみれていました。

キュッタロウのインターフェロン治療をしてもらっているK獣医さんに連れて行き、診ていただきました。

体重は5キロでした

ちょっとお腹を押せば血尿がでていました。
そのままたまっている尿を出してもらい、検査をしてもらいました。
ところが、トラキチの兄弟はそうなんですが、尿道が細い〜!!

圧迫排尿

色調 赤
尿比重 1,020
pH  6.5
Protein  +++300mg/dl
Glucose +- 50mg/dl
Bilirubin  −
Keton    −
O.B(潜血) +++1mg/dl

尿沈査
赤血球 +++
白血球 ++
リン酸アンモニウムマグネシウム

膀胱にマグネシウムの砂がたまり、出口に詰まってでなくて苦しかったのでしょうが、何かの弾みに詰まっていたものが出て、今は尿はでるようですとのこと。
ただ、長い間止まっていたことも考えられて、膀胱炎を起こしている様子。
抗生物質と消炎鎮痛剤で対処しながらPHコントロールスターター1の治療食。
いつものM獣医さんと同じ治療方針だ。。。

薬の経口投与については、トラキチはドライのカリカリが好きで缶詰に混ぜるのは疑問。さらに、口に直接入れるのも難しいということを告げると、2週間継続して効き目のある抗生物質の注射で様子を見ることに。本当は消炎鎮痛効果のある薬も飲んでもらいたいところだが、家で様子を見ながら何もなかったら一週間後に来てください。
と、言うことでした。

餌は500gと2キロとありますが、どちらにしますかときかれました。
他の猫が食べてもいいのか確認したところ、妊婦と幼児以外は大丈夫とのことなので、すかさず2キロをお願いしました。

多頭飼いのカンコロ家では、ターゲットが食べ損ねないように、他の餌を撤収し、しばらく誰が食べてもいいように大皿に治療餌を入れます。
なので、絶対トラキチに食べさせるためには不経済でも大袋で買う必要があるのですが。。。。
それを言うと、
「食べた量を管理するために、トラキチだけ隔離して様子を見てください。」

う〜んんんん。。。。非常に難しい。
特にトラキチについては、とても難しい。

さて、どうしたものでしょうか。。。


トラキチ   元オス  推測2001年5月生まれ(ご近所猫トラの子)
2001年6月に白とトラ柄の子猫をトラちゃんが連れてきたがその後野犬に襲われたのかふっつり来なくなった(トラちゃんの生死は不明)。しかし一週間後子猫だけで庭に現れ妹のコトラと居ついた。子供の頃はコトラのお腹に顔をうずめるなど甘えん坊だった。見る見る大きくなり大柄な猫になったが、ノラの子なのに人によくなつき相棒の膝にも乗るようになっていた。
2002年12月に後ろ左足をつけないような状態で庭に来たため保護する。マーキングを始めたので1月去勢手術をする。
ニックネーム カンコロ at 00:23| Comment(10) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

トラキチ獣医さんへ行く その2

今回受診したK動物病院には動物看護師さんがいます。
ピンクの医療用制服を着た、若くてかわいい女性が必ず医師の介助につき、動物のご機嫌を取ってくれます。
飼い主は診察台に乗せるとそれで、見ているだけでいいのです。

トラキチは家猫とはいえ、爪をマメに切ってやるのも難しく、カンコロにはできません。
相棒がしてやります。

いつも洗濯ネットに入れて獣医さんに連れて行き、ネットの上から触診をして、大丈夫そうなら出します。

今回は、看護師さんに撫でられて、その腕に顔をうずめるトラキチでした。

おしっこを絞られて、触診されて、注射を二本打たれて・・・
普通はこのくらいで、ペットキャリーを見せれば、自分でさっさと入るものです。

ところが!!ところがです!!看護師さんから引き離してカンコロがペットキャリーに入れようとすると嫌がるんです!!

なにぃ〜っ!!!!家に帰るのが嫌なのか?!!

カンコロの腕に一蹴りしてくれました。

帰り、車で待っていた相棒にそういうと、

「猫のトラキチでなくても若くてかわいい看護婦さんなら
もっとナデナデしてもらいたいじゃないか。」

と、あっさり言われ・・・・

それはさておき、家に連れ帰る間、考えに考えた末、リビングに出たままになっている猫ケージにトラキチを入れることにしました。
今、トラキチにあけてやれる部屋はないし。

きっと嫌がると思いますが、監視と観察と部屋を汚されないためにもそれが一番いいだろうということで、猫ケージに入れることにしました。

今月になって迷子猫のミニ尻尾を入れていたのですが、ケージの外に出して、ガレージにしまおうと思っても気に入って使っている様子なので、そのままにしてありました。
きっと、ミニ尻尾が怒るだろうけど、我慢してもらおう。

もともと、ミニ尻尾にシャーフー言われて、ナッチャに追いかけられるのが嫌で、最近リビングにあまり出てこなくなっていたトラキチですもの。仕方ないでしょ。

ケージに入れてからしばらく鳴いていたトラキチですが、猫トイレにしゃがんだり、外に向かって前足を出してみたりしていました。

torakiti080721-1.jpg

あきらめたようで、仰向けになってボーっとしています

torakiti080721-2.jpg

写真を撮っているカンコロの横に来て、隠れるようにして、トラキチに威嚇するミニ尻尾。
いつもこの場所で寝ているんですから、盗られた気分でしょう。

torakiti080721-3.jpg

トラキチもミニ尻尾にシャーフー言われてまた、お外に出して〜と鳴き始めました。

torakiti080721-4.jpg

しかし、気持ち悪いほうが先立って、すぐに猫トイレに入ってしゃがみます。
でませんけど、でないから、余計に気持ち悪そうです。

torakiti080721-5.jpg

しばらくしてから、疲れたように猫トイレでぐったり寝ていました。

mini080721-1.jpg

ミニ尻尾はさすがにケージのそばにはいけない様子で、カンコロの足元に来て、横になっていました。

トラキチもなれてくれたらいいのだけど〜

ニックネーム カンコロ at 23:17| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

キュッタロウのステロイド治療 その2

K獣医さんでのステロイド治療二回目です。ちなみに一回目は6月10日でした。

口内炎そのものにはたいした効果がなかった。と、言ってしまえば終わりですが、赤みが消えることも、きれいになったこともありませんでした。
ただ、キュッタロウの機嫌がよくなりました。
ずっと布団の奥に潜んでいたのが、出てきてそばに居てくれるようになりました。
そのおかげで、体もブラッシングしてやったりできるようになりました。

そのブラッシング効果がよかったのか、そこそこがんばって食べていました。
もちろん、よだれが止まり、食欲があったのは最初の3日程度でしたが、
それでも少しは猫らしいしぐさもするようになっていたキュッタロウでした。

今朝は、7時過ぎに抗生物質を飲ませたところ、猫缶も80g食べ、水もたっぷり飲みました。
そのまま、トイレに行った様子がないまま、獣医さんにつれていきました。

体重が3.1キロになっていました。

前回6月10日には2.6キロでした。
減り続けた体重がはじめて増えていました。
きっと、ウンチやしっこをしていったらこれほどなかったと思いますが、それでも!!

う・れ・し・い♪です♪

今日は院長先生ではなくて、奥様の女医さんでした。

キュッタロウ、意外なことに落ち着いている?
そう、猫は女性のほうが好き。

あんぐり口をあけられてしばらく、それこそ、デジカメ撮影できるほどの時間、口をあけていました。

よく見えました。カンコロが今まで見た中ではいいほうなのです。
これを見ていたら、獣医さんにつれてきていたかどうか。
しかし、もちろん、獣医さんから見たら、口内炎の炎症がひどい状態ですから、注射はしていただきました。

ステロイド注射は消炎鎮痛作用が強く、口内炎でもさっと腫れが引き、普通どおりになるのがたいていの猫ちゃんだそうです。
しかし、キュッタロウは前回はそうなりませんでした。
それ以前のステロイド治療でもそうでした。
食欲だけが副作用で出ただけで、一向に口内炎のほうはよくなりませんでした。
今回もそれはあまり期待できませんが、キュッタロウが機嫌よくしていられる時間があることは貴重なことです。

前回、5日目くらいで鼻水が出始めて、鼻が利いていないのか、置き餌を食べなくなっていました。
ステロイドで抵抗力が落ちたときにもともとある鼻炎が出てしまったのか、
多頭飼いの悲しさで猫風邪がうつったのか。
それはわかりませんが、そんな危険性もあります。

獣医さんからは鼻の奥の骨はスポンジのようになっているので、鼻炎などになりやすいとか。
菌が取り付きやすくなっているようです。

20日目に口の周りから悪臭が出たことも、もしかしたら、何か他のことが原因かもしれないということも言われました。

その前に蚤が出たので、フロントラインを使いましたが、フロントラインを心配したカンコロに対して、獣医さんは蚤のアレルギーで皮膚炎になる猫がいるので、そのほうの可能性もあるということでした。

ともあれ、全身状態は若干脱水気味ではあるけれど、悪くないので食べられるときにいっぱい食べてもらいましょうと、言われました。

それと、口の様子をデジカメで撮影できればして欲しいということ。
体重を量ってもらいたいということ。
もし、家ではかれないのなら、獣医さんで無料で計ります。
と、言ってくださいましたが、何しろ小心者のキュッタロウですから(笑)
なにか、計れるものを相棒に買ってもらおうと思います。

期待しないつもりでも、やっぱり期待してしまうカンコロです。

体重3.1キロ

キュッタロウの口の中です。怖い人は見ないでくださいね♪

口の中→kyu080714-1.jpg
ニックネーム カンコロ at 23:56| Comment(10) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

久しぶりの徳島食堂のトラちゃん

久しぶりに前を通ったら、暑いのに駐車場の車の陰でトラちゃんが
寝ていました。

tokusimatora080711-1.jpg

目が覚めちゃった?トラちゃん♪

tokusimatora080711-2.jpg

あくび一発(笑)

tokusimatora080711-3.jpg

このトラちゃんも鼻炎があるんです。
徳島食堂の子達は代々鼻炎猫です。
今はトラちゃんだけになっちゃったけど。
いつまでも元気で居てね♪トラちゃん♪

ニックネーム カンコロ at 01:38| Comment(6) | ご近所猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュッタロウのステロイド治療一ヶ月

6月10日にK獣医さんでステロイド治療をしたキュッタロウ
普通ステロイドの注射をすると口内炎が一時的によくなり、一月はその状態が続くのだそうですが、キュッタロウの場合、一年前のステロイド注射では一週間程度しか効きませんでした。
前のM獣医さんでは間を空けず続けてステロイドの注射をするのがどうも抵抗があり、セカンドオピニオンとしてK獣医さんでインターフェロン治療をすることにしたのですが、やはり限界を感じるということで、ステロイド注射を年に12回という計画の下、再度開始しました。

実際、ステロイド注射をしても口内炎はきれいに治りませんでした。
しかし、3日間、よだれがとまりキュッタロウ自身のご機嫌な日が数日続きました。
久しぶりにおもちゃを転がすキュッタロウを見たときには目がウルウルしてしまいました。

しかし、そんな時間も長くは続かず、抵抗力が低下するので、鼻水が出たりもしました。
鼻の具合がわるくなると食欲も落ちるようで、結局、鰹や鮭という香りのよいものを湯がいて与えるのは以前の生活と変わりありませんでした。
食欲も10日目にはいつもどおりでしたが、経口投与している抗生物質の効き方が少しよいような気がしました。

20日目、7月に入ってからはよだれが汚い色になり、顔から悪臭が放つようになりました。
前足もよだれの出る口で舐めるもので、べとべとのカリカリになり、毛をむしるようになってしまいました。
あごや口の横が同じようになって、引っかくのでなおさらひどい状態になりました。
洗って抗生物質の入っている塗り薬を塗ってやると、少しよくなり、経口投与の抗生物質と一緒になると、悪臭はなくなりました。

しかし、今までよりひどい症状が出たので、やはり抵抗力がなくなることで、体への負担は増えるようです。

M獣医さんからサンプルでもらっていたラクトフェリンを口に塗ると少し食欲が出ていたので、オーストラリア製のラクトフェリン製剤(サプリメント)を7月から与えることにしました。
清菌作用と免疫力をつけるということなのですが、飲ませる量が多くて、うまくいきませんでした。
7月4日くらいに牛乳に混ぜてやるとよく飲み、その後に食欲が出ることがわかりました。
さらに、体をやさしくブラッシングすると、胃腸の動きがよくなることもわかりました。
すでに相棒がずっとしてやっていたことなのですが、カンコロがこの数日、食事前と後にしてやることで、食事が進むことを発見し、そのおかげでステロイド注射をして一ヶ月の今でも食事はできています。

今日、インターフェロンの薬をもらいに行ったK獣医さんで次のステロイド注射を来週にお願いすることを話してきました。

少しでも快適な、口内炎を忘れていられる時間を持てますように。
それが少しでも長く続きますように。
祈る思いです。

K獣医さんのところで見た面白いもの(^^)

kanekoinu080711-1.jpg

いつもの、つまんね〜顔のワンちゃん

でも、今日はちょっと違うような気が?

kanekoinu080711-2.jpg

おや?毛皮はどうした?!

ちなみに全身像は・・・

kanekoinu080711-3.jpg

あははははははっ(笑)
意外とスリムなんだね〜

毛長の犬種はこういうことをするんですね〜
コミック『動物のお医者さん』で夏場に登場する犬は毛ガリをしているシーンがあるんですが、北海道特有のものかと思っていました。
寒いところに居る毛長の犬種は夏場は定番なのかも?
ニックネーム カンコロ at 01:31| Comment(2) | 猫覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

カンコロ家の家猫の近況

暑くなって、リビングのあちこちでばたばた落ちているような猫たち。

新しく家の中で暮らすようになったナッチャもマイペースで過激に遊んでいます。
あまりに過激に他の猫を追いかけるので、みんなナッチャがリビングに居るときはさり気にガレージに移動します。しかし、手術のあともきれいになり、元気にしています。

預かり猫ミニ尻尾は餌に異常に反応が早く、カリカリの入れる音と聞くとどこに居ても、一番に駆けつけます。
高いところにも乗らず、やんちゃもせずにばあさん猫と思われるのに、餌については別なようで、行動が早いです。いっぱい食べて巨大なウンチをしています。
左前足のつめがはがれて匂いがしていましたが、口の中の炎症を抑えるための抗生物質を飲ませてから、匂いが消えました。
口の中の炎症は見ていませんが、チーズを巻いた薬を簡単に食べてくれるので、よくなっているはずです。

そして、ミニ尻尾のだみ声で一番しかられるのがエラバリ。
エラバリは今でも外にでたいと、しょっちゅう文句をたれています。
カンコロや相棒でもうるさいなぁ〜と、思っていると、ミニ尻尾がおもむろに正面に回り、だみ声で叱っています。
不思議とエラバリは静かになります。でも、また、場所を変えてお外にでたいと言い出しますけど。

エラバリは外にでたいとうるさいので、たまに出しますが、家の周りを一周して帰ってきます。
相変わらずの生活をしていますが、せっかく治った鼻炎がまた、出始めたのか、くしゃみとたまに青洟が飛ぶようになってしまいました。
また、薬を飲む日々がやってくるのでしょうか。

デベソは先住猫たちにはフー!!ということはありませんでしたが、ナッチャには言っています。
できるだけ、出会わないように努力はしていますけど。ナッチャがデベソを見つけて飛び出すので、嫌っています。
ミニ尻尾にも出くわさないようにできるだけ、床を歩かないようにしているようで、カウンターの上によくいます。
カウンターの上でカンコロを見つめると、ホイップクリームか、牛乳か、チーズがもらえるので、その場所が気に入ったようです。

トラキチはクロスケが居なくなって、カンコロや相棒のひざに乗っても怒られないので、しょっちゅうひざに乗ってくるようになりました。
でも、今度はゴンタロウがどこからかやってきて、にらむようになってしまいました。
そのせいか、部屋の中でのマーキングはやまりません(涙)

シロトラはかわいそうに気が小さいので、ナッチャやミニ尻尾が居るリビングに入って来れません。
様子を見て、寝ているようなら這うように入ってきて、餌だけ食べてガレージに帰っていきます。
あまりかわいそうなので、ブラッシングをしてやります。が、リビングでブラッシング中にナッチャがリビングに入ってきたら、そそそそそ。。。と、ガレージに戻ります。
この小心さが外では、他の猫をいじめることになるんですよねぇ。
強いものには下出に、弱いものには強気にという困ったやつです。

ミケはマイペースです。ミニ尻尾のだみ声にもナッチャの突然のおっかけっこにも適当にかわし、できるだけ、接触を避けるようにリビングのテレビボードの上に普段は引き上げています
そのおかげでトラキチの居場所がなくなっちゃったんですけど。

ゴンタロウもマイペースです。でも、他の猫をひざに乗せていたり、なでいると、すぐ近くでじーっと見つめます。これが心に引っかかるんですよねぇ。
そして、その後にはお散歩に連れて行ってくれとうるさく鳴きます。
ご機嫌をとると、その後はリビングのどこかで倒れるように寝ています。

ビビはどうやらリビングがいやな様子で、二階にあげて欲しそうにします。
それでも、それなりにゴンタロウやミケと一緒にリビングに居ますが、時々は二階にキュッタロウと一緒においてやります。
他の猫と引き離すと、突然甘えだすのが、ビビらしいです。

キュッタロウは暑くなって、布団よりひんやり冷たい廊下や玄関の石の上がいいようで、どこに行ったのか探すと玄関の下駄箱の下にもぐりこんでいたりします。
6月10日にステロイドの注射をしてから、しばらくは食欲もありましたが、10日もするといつもどおりになり、7月になってからよだれもひどくなり、口の周りから悪臭がし始め、不安になりましたが、洗ってから抗生物質の入った軟膏をつけてやると、匂いが消えました。
しかし、あごの下の毛がなくなってしまいました。
7月からはラクトフェリン製剤(サプリメント)を牛乳で溶かして飲んでいます。
不思議ですが、食事の前に飲むと食事ができるようです。
しかし、ブラッシングをしてやることで、食欲を引き出すこともわかりました。いつまで効き目があるのかわかりませんが、これからも十分手をかけてやることにします。
ニックネーム カンコロ at 23:43| Comment(2) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンコロ家の庭猫の近況

周りの猫を追いかけまわるナッチャも、だみ声で迫る迷子猫ミニ尻尾も居なくなって、家の周りではクロマルコとシロコとコトラがようやく定期的に餌を食べにくることができるようになりました。

と、思っていたら!!
シロ長毛猫がどうしたことか、飛び掛りこそしないものの、シロコやコトラを見たら、目の前まで進みより、にらみをきかせて立ち退かせ、その後に顔をこすり付けたり、マーキングをしたりします。

う〜んんんんん。。。。縄張りの誇示ですかねぇ

恋の季節が終わると、こういうことがあるんですねぇ。
昨日までは、シロコやコトラに甘い声で迫っていたくせに!!

クロ長毛猫とシロ長毛猫もなにやら不穏な雰囲気でにらみ合うし。
夜中にどこかで猫のうなり声も聞こえます。
そのせいか、クロマルコも庭や家の前の空き地に居なくなってしまいました。

相棒が庭をいじっているときだけ、やってきて、そばについていますが、それ以外は、どこに居るのやら。

シロコはいまだつかまらず、背中にフロントラインもしてやれないままです。
これから、蚤だけでなくて蚊も飛び回るのに。また、耳がぼろぼろになっちゃう〜

追いかける猫たちを家に放り込んだのに、庭猫たちが庭でまったりできる日はもう来ないのかしら。。。
ニックネーム カンコロ at 23:18| Comment(2) | 庭猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

ナッチャのお散歩

ナッチャに紐付きでお散歩に出てみました♪

nacha080705-1.jpg

ほら、つけてみるよ。

nacha080705-2.jpg

紐は初めての経験のようで、ちょっと
「いや〜ん!!」状態です

nacha080705-3.jpg

ナッチャ!!ちがう!!紐は遊ぶものではない〜!!

nacha080705-4.jpg

あ、相棒の足の間でころがっちゃった?

nacha080705-5.jpg

う〜ん。。。お散歩だから、少しは歩こうよ〜

nacha080705-6.jpg

ナッチャ、どこか壊れてる?

nacha080705-7.jpg

相棒にスリスリ〜(笑)
こんなところでなくてもいいのに〜

nacha080705-8.jpg

まぁ、まったりしてるってことで、いいか。。

nacha080705-9.jpg

ナッチャの後姿。
「ちょっと前までは自由に歩いていたところなのに」と、語っているのか?

nachagonbibi080705-1.jpg

先輩のゴンタロウやビビも道の真ん中でくつろいでるしぃ〜

後ろの草むらを探検中のナッチャのほうがお散歩らしい

ニックネーム カンコロ at 23:54| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

冷蔵庫の上のナッチャ♪

nacha080704-1.jpg

冷蔵庫の上にいるナッチャです。
気持ちよさげに寝ています。
でも、ちょっと危険。

実は、気がつかずに冷蔵庫を開けて、閉めるときに前足が冷蔵庫のドアにはさまれたら!!

結構冷蔵庫のドアはドン!と、閉めてしまうので、とても危険です。
骨でも折れたら大変!!ですものね。
ニックネーム カンコロ at 23:54| Comment(4) | 家猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする